1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

作詞も再開?ASKA事件のこれまでと明らかになる更正施設の生活

今年5月に歌手のASKA被告が逮捕されてから約3ヶ月。いよいよ今月28日にASKA被告の初公判が始まります。この間明らかになってきたASKA被告を中心にした薬物事件。さらに現在厚生施設で暮らしているというASKA被告の生活ぶりも併せてまとめています。

更新日: 2014年08月26日

00mashimashiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
28 お気に入り 140614 view
お気に入り追加

▼徐々に明らかになる事件の全容とASKA被告の現在

覚せい剤取締法違反罪などで逮捕・起訴された人気デュオ「CHAGE and ASKA」のASKA被告

発売中の「フラッシュ」(光文社)で同施設で約50日間ASKA被告と過ごした同房者がASKA被告の生活ぶりを明かしている

▼薬物におぼれていたビッグシンガー

男性デュオ「CHAGE and ASKA」のASKA(本名・宮崎重明)容疑者(56)が5月17日、覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで警視庁に逮捕された

また、共謀して覚せい剤を隠し持っていたとしてASKA容疑者の知人である会社員の栩内香澄美(とちない・かすみ)容疑者(37)も同日、逮捕された

ASKA容疑者は「私は今まで覚せい剤を所持したことはありません」と容疑を否認

⊿しかし一転して容疑を認めた

否認を続けていたCHAGE and ASKAのASKA(本名宮崎重明)容疑者(56)が23日、一転して容疑を認めた

ASKA容疑者は淡々と調べに応じており、「覚醒剤と合成麻薬MDMAを使ったのは間違いありません」と容疑を認めている

⊿自宅からも尋常では無い量の薬物が押収された

ASKA容疑者の東京都目黒区の自宅から、10数回使用できる量の覚せい剤とみられる粉末や、合成麻薬MDMAとみられる錠剤約90錠を押収された

⊿その後7月3日、保釈後そのまま更正施設へと入所した

7月3日に東京湾岸署を保釈された翌日、千葉市内の更生施設に入所した

保釈金は700万円でした。

▼ASKA裁判に先立ち、一緒に逮捕された栩内被告の裁判が始まった

ASKA逮捕時に一緒におり、同法違反の罪に問われている一般女性、栩内香澄美被告の初公判が7月22日に開かれ、栩内被告の発言に世間の注目が集まった

尿の覚せい剤陽性反応について、被告はASKAとの性交渉の影響を主張している

今なお覚醒剤の使用は否認し続けています。

▼一方で徐々に明らかになるASKA被告の「薬物交友関係」

ASKA被告(56)に、同罪で公判中の栩内香澄美被告(37)とは別の愛人がいたことが25日、捜査関係者への取材で分かった

この女性は一般人で、警視庁の取り調べに「ASKA被告に勧められて一緒に覚せい剤を使用した」と供述

ASKA被告は栩内被告に関して「一切、覚せい剤を使用していない」と主張しているが、この女性とは一緒に覚せい剤を使ったことを認めている

⊿さらにASKA被告に薬物を販売したという男らが逮捕された

1 2 3





ワンワン!



  • 話題の動画をまとめよう