1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

賠償請求は9億円超!カプコンがコーエーを提訴したシステムの特許侵害とは

カプコンがコーエーテクモの人気ゲーム『戦国無双』シリーズに使われているシステムが特許侵害として、9億円を超える賠償請求と販売差し止めを求める訴訟を大阪地裁に起こした

更新日: 2014年08月30日

tick-tackさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
34 お気に入り 107551 view
お気に入り追加

■カプコンがコーエーテクモゲームスを特許権侵害で提訴

戦国武将を主人公にした人気ゲームソフト「戦国無双」シリーズで採用されたプレー機能が特許権を侵害しているかどうかが裁判で争われることになった

損害賠償請求の対象となるソフトはプレイステーション2用の「戦国無双 猛将伝」など戦国無双シリーズや、三国志の武将が主人公となる「真・三國無双」シリーズなど計49本

売り上げの5~10%のライセンス料を請求し、一部作品の販売差し止めも求めている

■無双シリーズは「ワンピース」や「ガンダム」タイアップでバンダイナムコからも発売されている

日本の戦国時代を舞台にした「戦国無双」シリーズは特にファンが多く、他社作品とタイアップした「ガンダム無双」「ワンピース 海賊無双」なども、バンダイナムコゲームスから発売されている

■特許侵害となったゲームシステム「アペンディクス」とは

既に三國無双時代から、このアペンディクスによる販売方法を行っていたコーエー

戦国時代を舞台にしたゲーム「戦国無双」の一部は、関連ソフトのデータをゲーム機で認識させれば、キャラクターの戦国武将やステージが増えるシステムを採用

三國無双の時からユーザーにとっては当たり前のようになっていた「猛将伝」の発売

カプコンの特許は、シリーズ化されたソフトの続編を作動させる際、前作をゲーム機に読み込ませることで、追加のキャラクターやシナリオで遊べるシステム

カプコンが持っていた特許は、前作のソフトを読み込むことで新キャラやシナリオを追加するというシステムだった

■敵が近づくとコントローラーが振動するシステム

霊が出現すると、コントローラーの振動と鼓動音で知らせてくれます

このシステムは多くのゲームで使用されてるが・・・
カプコンの許可がないと使えないということ?

■カプコンは平成14年にこのシステムの特許を取っていた

カプコンは平成14年、別のソフトと組み合わせることでゲームに新たにキャラクターやシナリオが追加される機能や、敵のキャラクターなどの存在を振動で知らせる装置に関する特許権を取得

前作のセーブデータがあったら何か特典がもらえるのとかダメってことか?

■ゲームシステムの特許が取れるのってヤバくない?

ゲームのシステム的な部分の特許なんて認めたらアカンのじゃないか?
「ダメージを与えるとHPが減り0で倒せる」みたいな特許取ったらアホみたいに金取れるじゃねーか

カプコンから特許侵害と受けたコーエー側のコメント

▼今回のカプコンがコーエーに提訴した件についてネットの反応

カプコンとコーエーのやつてっきりカプコンが訴えられたらんかと思ったら真逆でワロタwwwwww

今更ながらカプコンとコーエーの件知ったけど訴えたのカプコンの方なんだ?どっちかというと無双シリーズをほぼ丸パクしたのが戦国シリーズだと思ってたけどなぁ。

1 2





tick-tackさん

興味のある新着ニュースをまとめ
特にイベントに関する記事が多いです。よろしくおねがいします

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう