1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

エボラ・パニックのウラで別の感染症が上陸してた

世界ではエボラ出血熱の危険性が話題となってますが27日、国内では70年近く感染となる「デング熱」が発見された。薬や予防のためのワクチンがないことで危険が叫ばれるデング熱ですが、流行の背景などをまとめてみました。

更新日: 2014年08月27日

TORADHIさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
69 お気に入り 234555 view
お気に入り追加

日本で70年ぶりの感染病が見つかった

厚生労働省は27日、埼玉県内に住む10代の女性が東南アジアなどで流行しているデング熱に感染したと発表した

海外に渡航し、感染した日本人は年間200人前後いるが国内では70年近く感染の報告がなかった

帰国した旅行者から国内の蚊を媒介して感染したとみられる

女性は今月20日、高熱が出たためさいたま市内の病院で受診。デング熱の感染を疑った医師から、埼玉県を通じて厚労省に連絡があった

女性は入院中だが、容体は安定しているという

大事に至らないことが大半らしいけど、、、

デング熱のウイルスを媒介するヒトスジシマカ

デング熱は蚊が媒介するウイルス性の感染症で熱帯地域に多く、38度を超えるような急な発熱や頭痛、筋肉痛が主な症状

適切な治療を受ければ大事に至らないことが大半だが、重症型のデング出血熱を発症すると死亡する場合もある

さらに他の感染症とは大きく異なる点もあるという

特有の薬はなく、予防のためのワクチンもない

脱水症状を防いだりする対症療法が中心で、蚊を避ける工夫するしかない状態

デング熱は免疫があるとかえって重症化することがある点が他の感染症とは大きく異なり、やっかいな感染症

他の感染症はワクチン接種をすることで免疫ができれば、2回目は感染しなくなるが、、

熱帯地方を中心に世界で大流行している

アジアや中南米、アフリカなどの熱帯や亜熱帯の地域で流行し毎年、約1億人が発症しているとみられている

70年前に日本で流行した際は、第二次大戦で南方から帰還した兵士たちが感染源となっていた

ここ50年で200万件増大し、感染国も10倍の100ヶ国以上に増え、感染する恐れがある人口は世界全体で25億人とみられている

ブラジルは世界で最もデング熱の感染者が多い国といわれ、昨年は史上最悪の140万人の感染者が出た

さらにW杯で日本代表のキャンプ地でも大流行しており、今年だけで3万人以上が感染し、死者も出てていた

地球温暖化の影響でウイルスを媒介する蚊の分布が北上、東南アジアや中南米だけでなく欧州諸国でも感染例が出始めている

日本にとってはエボラより身近な話

実際にブラジルW杯でデング熱に感染した日本人もいる

ブラジルW杯でデング熱のウイルスを持ったまま気づかずに帰国している日本人サポーターがいる可能性も高い

成田空港などで、日本に生息していないはずのウイルスを媒介する蚊が相次いで見つかっている

流行地域へ旅行する際は、注意が必要。

現時点で、日本での本格的な流行の恐れはないという

厚生省は「国内で今後、本格的に流行するとは考えにくい。まずは海外の流行地で蚊に注意してもらいたい」と話している

流行地域を旅行する際は蚊に刺されないため長袖や長ズボンを着用したり、虫よけを使ったりするよう呼びかけている

官房長官は「デング熱は重症化することはまれであり、人から人に直接感染するものではない」と述べ、冷静な対応を呼び掛けている

1





TORADHIさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう