1. まとめトップ
  2. おもしろ

まさかの計量スプーンまで!動物たちの体重測定が面白い ~随時更新

ペットの犬や猫と違って、猛獣や体の大きい動物もいる動物園。そんな動物たちの体重を測定するのはとても大変な作業のようです。飼育員さんたちの努力と工夫が垣間見えます。

更新日: 2015年10月27日

zooingさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
177 お気に入り 258620 view
お気に入り追加

ゼニガタアザラシの場合

ミカエルはおとなしくカゴに入ってくれたようです。・・・と思ったら、ちょっと、ご立腹のご様子(笑)このあと、すぐに去っていきました。

カマイルカの場合

福岡市・マリンワールド海の中道

飼育員の合図で、プールから「ランディング」と呼ばれる技で特製の体重計に飛び乗った。

コケガエルの場合

英国・ロンドン動物園

オオサンショウウオの場合

自分から体重計に乗ってくれない動物は、こんな感じで体重を量っています♪

トラの赤ちゃんの場合

よこはま動物園ズーラシア

今回の体重測定は、生後20日を迎えたタイミングで実施、2頭とも体重は約3kgだった。

ダチョウの場合

いつもと少しでも違うことがあると、警戒してしまいます。そんなダチョウたちの体重を計るのはとっても大変。体重計のある場所にも、なかなか近づいてくれません。

というわけで、野毛山動物園では徐々に慣らす作戦。

まずはベニヤ板になれてもらうために、ベニヤ板の上にエサ。

エサの位置を遠くにずらし、ダチョウさんを板の上へ誘導。

ベニヤ板の下に体重計をセットして。

測定成功!

画像で見ると一瞬ですが、ここまで来るにはダチョウさんたちのペースに合わせて日数をかけています。

オオカミの赤ちゃんの場合

アミメキリンの場合

わらで覆った計量器の上に乗り、体重を測定中のアミメキリン。京都市動物園が健康管理のため10年以上続けている

アルダブラゾウガメの場合

1 2





zooingさん

折り紙やペーパークラフトなど、紙を使った手作り作品の作り方・アイデア等を中心に紹介しています。



  • 話題の動画をまとめよう