1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

この季節は注意!車や家の中に「蜂」が入って来た時の対処法

毎年、この季節は、スズメバチによる刺傷事故が報道され、死亡者も出ています。ちょっと涼しい日や天気の良い日は、部屋や車の窓を開けたくなりますが、万が一、蜂が入って来たらどうしますか?対処法をまとめてみました。

更新日: 2015年09月26日

lulu0803さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
70 お気に入り 232503 view
お気に入り追加

▼は、は、蜂が入って来た・・・!

あ、あの、家の中に蜂が入ってきたんだけど どうしたらいいの無理部屋締め切って 避難してしまったんだけど誰か助けて無理

▼毎年、この時季になると活動するスズメバチ・・・。

毎年、この季節は、スズメバチによる刺傷事故が報道され、死亡者も出ています。

集団で巣をつくる蜂も、春から秋がその活動期間です。

ハチの巣の温度は上昇し、巣の中の幼虫が水分を欲するので、働きバチは水を求めに頻繁に外に出てくる

スズメバチの種類は、約70種(日本は16種)
強い攻撃性で、危険とされているのがオオスズメバチですが、キイロスズメバチも危険です。

スズメバチは夏から秋にかけ、次期女王蜂の育成期間になります。それにともない巣も大型化し、活動も活発になるため、注意が必要

▼蜂が敵だと感じている時の危険信号。

スズメバチも、むやみやたらに攻撃するわけではありませんが、自分の巣を守るため、人が近づくと威嚇行動を取ることがあります。

こんな行動があったら、避難しましょう。

対象物に接近しまとわりつくように飛びまわる。

▼室内や車の中に入って来た場合の対処法は?

ちょっと風がある日、天気の良い日などは、窓を開けたくなりますよね。
でも、そんな時、蜂が入って来たら・・・。

静かに、いくつかの窓を開けて、ハチが外に出ていくのを待ちます

部屋を暗くすれば、外が明るいので、窓から出ていくこともある

スプレー式殺虫剤(蚊、ゴキブリ用なんでも可)があれば、ハチにスプレーします。ハチは殺虫剤に弱いので、少しでもかかれば落下して死亡します。

車で山や草原をドライブした際、止めておいた車に蜂が入っていて驚いたと言う経験を持つ方も多いようです。
走行中も窓を開けて走る際は、注意しましょう。

運転中に車の中に蜂が入ってきたためそれに気を取られて交通事故を起こすこともあります。

ハチは明るい方へ向かう習性があります。
窓を開けてハチが出て行くのを静かに待ちましょう。

▼とにかく、慌てず、騒がないこと。

家や車の中に蜂が迷いこんで来ても、叩き落そうとしたり、追いかけたりしなければ人を刺すことはないそうです。
手で払ったりすると蜂を刺激して逆に危険です。
走り回るのも止めましょう。

身近な空間にハチが侵入をしてきた場合、多くの方は悲鳴をあげたり、オーバーリアクションでハチを追い払ったりしてしまいがち。これは警戒心をよりかきたてるだけ。してはいけないタブーな行動

動いたり手を振ったりすると、かえって近寄ってきます。また攻撃するときはまず黒い部分に向かってくるとされています。

派手に怖がったり、新聞紙を丸めて叩き落そうとしない限り、攻撃性はゼロです

1 2





lulu0803さん



  • 話題の動画をまとめよう