1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

9月最初の週末が狙い目!ダイヤモンド富士を見るなら、湘南へ!

日本人なら誰もが好きな富士山。太陽が昇る瞬間と夕日が沈む瞬間に、頂上の真ん中からまるでダイヤモンドが輝くような光景となるダイヤモンド富士。春と秋、条件が重なった時にだけ見れるその景色は、目を見張るものがありますよね。9月最初の週末は、ダイヤモンド富士を見に、神奈川・湘南へ出掛けませんか?

更新日: 2014年08月30日

lulu0803さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
149 お気に入り 40967 view
お気に入り追加

▼日本人の心!富士山。

▼そして、さらに目を奪われるのが「ダイヤモンド富士」

「ダイヤモンド富士」とは、富士山頂に太陽が重なる瞬間、ダイヤモンドのように輝く現象の事を言います。

皆既日食の際の「ダイヤモンドリング」になぞらえ、太陽がダイヤモンドのように美しく見えるためこう呼ばれている。

▼ダイヤモンド富士は、年に2回見ることが出来る。

年に2回、 4 月と 9 月 にダイヤモンド富士を見ることが出来ます

富士山が東か西の方向に見える場所で、気象条件がよければ、年に2回、ダイヤモンド富士が見ることが出来ます。

太陽が沈む角度は日によって変わるため、同じ場所からは年に2回、1~2日間のチャンスでしか見ることのできないダイヤモンド富士

▼でも、どこでも見えるわけじゃない・・・。

山梨県や静岡県では、ダイヤモンド富士が見られる時期には多くのカメラマンがその光景を撮影しています。
このように、関東エリアでは広く観測出来ますが、高い建物が並ぶ都内などでは、視界が開ける場所が少ないので、なかなかダイヤモンド富士を眺めるのは難しいと言えます。

富士山が見える地域なら、どこからでもダイヤモンド富士が見られるというわけではありません。

ダイヤモンド富士は富士山の東西に位置し、空気が澄んでいるなど気候条件が整わないと見ることができない。

いつどこでも見られるわけでなく、富士山頂から西側の南北35度以内の範囲では日の出の時、東側の南北35度以内の範囲では日没時に年2回、気象などの条件がそろった時にだけ見られる光景である。

9月は、神奈川・湘南ビーチにダイヤモンド富士を見に行こう!

▼どうして、湘南?

湘南エリアは、葉山・茅ヶ崎漁港・披露山公園・逗子マリーナ・湘南国際村など多くの場所でダイヤモンド富士を見ることが出来ます。

ビーチが広がる湘南界隈では、気象条件さえ合えばバッチリ眺めることができます。

9月の湘南は、8月末で海の家が終わるとともに、海水浴客の姿も消え、静かないつもの湘南の風景が戻ってくる最高の季節。まだまだビーチも楽しめて、ゆったりとした時間が過ごせます。

①9月1日~2日、大磯城山公園。

県立大磯城山公園は、旧三井財閥本家の別荘地跡を利用した湘南情緒に包まれた公園で、多くの人々が訪れ、やすらぎや憩いの場として親しまれています。

当日、ダイヤモンド富士は、展望台から見えます。
第1駐車場が午後7時まで開放しています。

大磯城山公園は「関東の富士見百景」に指定されており、ダイヤモンド富士が見られる

2014年9月1日(月)~2014年9月2日(火) 日入り18:10頃 
ダイヤモンド富士は日の入り前、17時45分頃に見られます。
多少のずれがあります。雨天中止

JR大磯駅から神奈川中央交通バス 国府津行き・湘南大磯住宅行き・二宮駅北口行き「城山公園前」下車徒歩約3分

1 2





lulu0803さん



  • 話題の動画をまとめよう