1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

加藤ローサが復帰早々 ママタレ市場に参戦 ママタレースを制することができるのか

今月発売の雑誌で2年ぶりに仕事復帰を果たした女優の加藤ローサ(29)が29日、都内で行われたブルガリ新時計『LVCEA(ルチェア)』の発表会に出席。公の場に出るのは5,6年ぶりとなる。ファッション誌「nina’S(ニナーズ)」9月号の表紙に登場、ママタレ市場に参戦したようです。

更新日: 2014年08月29日

37 お気に入り 164237 view
お気に入り追加

愛くるしい笑顔で人気の加藤ローサ

父がイタリア人、母が日本人のハーフである。芸能界デビューは15歳で、ファッションモデルに選ばれたことがきっかけで、その後雑誌のモデルとして活動を始め、ぞのスタイルと愛くるしい笑顔で人気を博す。

2011年6月に、サッカー元日本代表で現J2ジュビロ磐田の松井大輔(33)との結婚

加藤は2011年6月に、サッカー元日本代表で現J2ジュビロ磐田の松井大輔(33)との結婚を発表。

その後、2人の子供を出産し、子育てに専念していたが、同雑誌の表紙オファーを受け、仕事を少しずつ再開することを決意したという。

都内で行われたブルガリ新時計『LVCEA(ルチェア)』の発表会に出席

今月発売の雑誌で2年ぶりに仕事復帰を果たした女優の加藤ローサ(29)が29日、都内で行われたブルガリ新時計『LVCEA(ルチェア)』の発表会に出席。

「大勢の皆さんの顔を見て緊張しています」といい、「囲み取材は5、6年ぶりです。あんまり得意じゃないんです。

毎日家事と育児に追われて、今この場にいるのはシンデレラのような気分」と笑顔を見せた。

久しぶりの芸能界の仕事に「いやー、すごい緊張します。こういうきらびやかな場も久しぶりなので気分が上がりすぎて緊張してます」と明かし、「金ピカピーンです」と照れながらおどけた。

現在の生活を明かす

現在は、家事にも育児にも慣れ「今日は撮影に来る前に3食分作ってきました」と話した。

2児の母でもある加藤は「子どもが2人になったら大変さは2倍になるかと思いきや、10倍でした(笑)」

「サッカー選手は意外に家にいる時間があるので、パパにはいつも助けてもらっています」と松井のイクメンぶりに感謝。

旦那の松井大輔さんもイクメンとして、しっかりローサさんをサポートしていたとのこと。良いお父さんになっているみたいです。

ママタレ市場に参戦

ローサは7日発売されたファッション誌「nina’S(ニナーズ)」(祥伝社)9月号の表紙に登場。2児の母ながら、変わらぬ美しさを見せつけ、ママタレ市場に本格参戦してきた。

昨年6月をもって所属事務所との契約を終了、無期限で芸能活動を休止していたが、ここにきて活動を再開したようだ。

赤ちゃんモデルとの撮影がほとんどの「nina’s」において、いきなりの我が子まで出してきました。これは本気、女帝ローサの本気です!!

ママタレには相応のキャリアがあり、キャラも確立されているので、バラエティー番組で使いやすいとの声も。

しかし今はママタレ戦国時代

今や芸能界を席巻するママタレ。神田うの(39)、千秋(42)、東尾理子(38)、紗栄子(27)、辻希美(27)、木下優樹菜(26)、藤本美貴(29)…。

「ママでタレント」という立場、イメージを上手に使ってビジネスで成功する例も多く、ママタレは“戦国時代”といった様相。

1 2





ヴォイテクさん

気になったことを色々まとめていこうとおもいます。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう