1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

【ISISの資金力】イスラム国が「資金が潤沢にある世界のテロリストグループ」第一位に。その脅威とは

日本人の民間軍事会社のCEO、湯川氏を拘束したことで日本国内でも有名になったISIS(イスラム国)。実は彼らは単なるテロリストという枠を超えているほどの力を持つとされる。彼らの資金力や組織について、「テロ集団の枠を超えている」と称されるほどらしいですが、これは国際社会にとって重大な脅威です。

更新日: 2014年09月02日

shiro05さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
23 お気に入り 25101 view
お気に入り追加

「テロ集団の枠を超えている」資金力

・日本人の民間軍事会社のCEO、湯川氏を拘束したことで日本国内でも有名になったISIS(イスラム国)。実は彼らは単なるテロリストという枠を超えているほどの力を持つとされる。彼らの資金力や組織について、「テロ集団の枠を超えている」と称されるほどらしいですが、これは国際社会にとって重大な脅威です。

イラクやシリアで勢力を広げる過激派組織「イスラム国」について、「これまでのどの集団よりも洗練され、資金力もある」などと述べ、国際社会にとって大きな脅威になるとの認識を示した。

・ヘーゲル米国防長官の発言。

資金:
2000億円以上。略奪(油田や銀行も獲得)。豊かな資金力がある。そのほかに反政府組織や利害の一致する部族などからの資金援助を受けている。

・もはや、小規模な国家の経済力を上回るほどの組織となってしまっているのが怖い。「資金が潤沢にある世界のテロリストグループ」第一位がISIS。あのボコ・ハラムですら7位だったのに…。

野蛮な手法で急速に資金力をつけてきたISIS

イスラム国の特徴について、野蛮な思想と洗練された軍事力、潤沢な資金を併せ持つ

・ここでいう「イスラム国」とはISISのことです。

6月の軍事活動が最も盛んだった時期に、ISは、イラク北部の都市モースルを占領して、複数の銀行から数億ドルと言われる現金を強奪

・普通に考えれば、強盗って犯罪ですよね・・・。

米当局者の1人は、イスラム国がここ数年間に身代金だけで1000万ドル以上を集めた可能性があると分析している。

・身代金の要求による資金獲得というのも、本来は非人道的な行為として批判されるべきはずなのに。

盗掘した古美術の闇取引から最大で3600万ドル相当の利益をあげていたという。

・遺跡盗掘によって奪った古美術の闇取引まで「資金源」…。常識では考えられない。

これだけの経済を持つISIS。彼らの資金源を断つことはもはや困難だとされる

イスラム国は国際的な金融システムに組み込まれていない

・国際社会のルールを完全に無視できる立場なので、ある意味やりたい放題になってしまっているらしい・・・。

制裁やマネーロンダリング(資金洗浄)対策の法律、銀行規制の影響を受けにくい

・どうにかして彼らを国際社会のルールに引き込み、不正な資金獲得の手段を断ち切ることが重要なのですが…。

1





shiro05さん



  • 話題の動画をまとめよう