1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

世界最古のピラミッドが修復し過ぎで倒壊の危機!修復失敗といえば・・・w

人類最古の石造遺跡・サッカラ遺跡にある今から4600年前に造られたエジプト最古のピラミッド「ジェセル王の階段ピラミッド」が、なんと政府が「修復」を委託した会社にぶっ壊されていることが現地報道で明らかになりました。

更新日: 2014年09月06日

tame2000さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
35 お気に入り 81826 view
お気に入り追加

人類最古の石造遺跡・サッカラ遺跡

3000年にわたり、31の王朝が興亡を繰り返した古代エジプト文明。その間、ずっと墓所として利用されてきたのが、ナイル川の西岸に広がるサッカラ遺跡。

現在そこは砂漠の砂に完全に囲まれているが、エジプトで最初に造られたといわれるピラミッド、ジョセル王の「階段ピラミッド」がある。

「階段ピラミッドは古代エジプト時代、第3王朝のジェセル王によってサッカラに建設されたピラミッド。

もとの高さ60メートル、底辺の長さ東西123メートル、南北107メートル。

このピラミッドは第3王朝期に造られて以来、第5王朝期まで数回にわたって拡張され、今日の姿になっている。

ピラミッドは、石灰岩を直方体のブロック状にして、それを積み上げて築かれています。

何度かの設計変更をへて、マスタバを6段重ねた階段状のピラミッドになりました。

1992年の大地震で頂上部が陥没していた

エジプトの首都カイロ及びその近郊地区で1992年10月12日午後3時10分頃マグニチュード5.5の地震が発生し、揺れが20秒間継続しました。

震源地はカイロ南東32キロメートルの地点

カイロ市街の約200の老朽化した建物が倒壊し、500人以上が死亡、4000人が負傷するというエジプト近代史上最悪の地震となりました。

このピラミッドは1992年の大型地震で大打撃を受け、石が「何トン分」も基底部に崩れ落ち、てっぺんが「ドーム状」に陥没。

エジプト政府は修復に乗り出した

「これは内側が強化されたPVC(ポリ塩化ビニル)の製品で、空気で膨らませて水を貯めることができる。これを使って陥没部を支えた」

James氏の会社が「WaterWall」という風船みたいな支えを当てがって、当座の凌ぎにした

修復の専門家たちもあとはずっと崩れないように鋼棒でピラミッドを補強する予定でした。

エジプトの経済危機で修復予算が枯渇

政府は別会社に修復を引き継いだんですが、雇われたのは古代遺跡の修復はおろか、何ひとつまともに事業をこなした実績もないズブの素人。

修復関連法では新たに建設する部分を全体の5%未満に留める定めになっているのに、この会社(なんでも遺跡保存事業は今回が初めてらしい!)はその制限を超えて新しい壁や骨組みをこしらえてしまった

修復ミスといって思い出すのがコレ

アートの修復にまつわるお話と言えば、スペインのおサルさんみたいになっちゃったキリスト修復画の話題が記憶に新しいところです。

1 2





みなさんの役に立つ楽しいまとめを作っていきたいと思っています。
よろしければ★を押してお気に入りにご登録ください。
よろしくお願いいたします。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう