1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

古巣ドルトムント復帰でお祭り騒ぎ…香川真司の愛され方がヤバイ

香川真司の古巣ドルトムント復帰が決定的となり地元サポーターはお祭り騒ぎ。香川の愛され方がハンパない

更新日: 2014年08月30日

TyamadaZさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
195 お気に入り 441943 view
お気に入り追加

香川真司が古巣のドルトムント復帰へ

マンチェスターUのMF香川真司(25)が今夏の移籍市場で古巣ドルトムントに復帰することが確実となった。

代理人のトーマス・クロート氏が29日にドルトムントのクラブハウスを訪れ、最終交渉に入ったという。

これまで、すべてのオファーを断ってきたが状況が一変

香川はマンUでの定位置奪取を目指し、今月上旬までは全てのオファーを断ってきたという。

ファンハール監督から「哲学を満たさない」と事実上の戦力外通告を受け、状況が一変。

最後は香川自身が古巣復帰を熱望

最終的には香川本人が、欧州での第1歩を刻んだ古巣への復帰を熱望。

香川ドルトムント復帰!よかった!クロップがいるうちに戻ってよかったよ!

ドルトムント時代の香川といえば

香川は10~11年シーズンからドルトムントでプレーし、リーグ2連覇の原動力となった。

2010年から2012年まで所属した古巣ドルトムントではリーグ戦49試合21得点。

11~12年には国内2冠を達成。マンUのファーガソン元監督の目に留まり、12~13年シーズンに移籍した。

しかし、香川が去ってからドルトムントは無冠

ドルトムントはリーグ2連覇の立役者となった香川が去った後はタイトルを獲得できていない。

12~13年シーズンからリーグ戦2年連続2位、欧州CLでも準優勝、準決勝敗退とあと一歩で涙をのんだ

期待のインモービレがフィットせず、早くも覇権奪回へ暗雲が立ち込める。

健全な財力を背景に、今季はコロンビア代表ラモス、イタリア代表インモービレの両FWやドイツ代表のギンターを獲得していた

リーグ開幕戦では史上最速弾を浴び敗戦

23日に行われたブンデスリーガ第1節、ボルシア・ドルトムント対レヴァークーゼンの一戦

第1節レヴァークーゼン戦で0-2と敗れ、いきなりつまずいたドルトムント。

ドルトムントがリーグ史上最速となる開始9秒弾を喫し、まさかの黒星発進となった。

1 2





TyamadaZさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう