1. まとめトップ

「田布施システム」と明治天皇替え玉説

最近、検索してて知った衝撃のキーワード「田布施システム」。安倍さんの祖父・岸信介など、歴代首相の出身地だという、山口県の小さな町。ここに「明治天皇替え玉説」など日本の現代史を理解する重要なカギがあると聞いて、ざっと調べてみました。多少、矛盾する情報もあり、どこまで信じるかは読む人にお任せします・・・

更新日: 2015年06月22日

yuu2011さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
62 お気に入り 351193 view
お気に入り追加

山口県の小さな町から、なぜか多くの首相や重要人物が出ている

山口県南部の小さな町にどんな秘密が!?

「取り戻す」とは、本当はどういう意味だったのか?

伊藤博文、木戸幸一、宮本顕治、河上肇、難波八助、松岡洋右、安倍源基(終戦時の内務大臣)、賀屋興宣などである。むろん、岸信介、佐藤栄作、安倍晋三は、この田布施一味の末裔である。

岸信介(本籍地は山口県熊毛郡田布施町)

伊藤博文 出生地日本 周防国熊毛郡束荷村

(田布施町の隣)

明治維新後、田布施出身の多くの志士が明治政府の重要なポストに就くこととなります。そしてその流れは受け継がれ、現在の安倍首相へと繋がっているようです。この明治維新から受け継がれてきた一連の流れは、「田布施システム」と呼ばれています。

日本国家の真相は、明治維新で長州藩田布施一味に国家を乗っ取られた

1867年の「王政復古の大号令」、実は田布施で発せられたという

王政復古とは武家政治を完全に廃止し、王政(天皇を中心とした政体)に復する事 である。

田布施町の高松八幡宮が、七卿が逗留し松陰派の長州若手指導者達と皇政復古の産声を上げた所である。

「玉」および奇兵隊一条勝子以下三条ら五卿、島津久光、薩長同盟幹部一同は打ちそろって1867年12月9日、田布施町麻郷井神の高松八幡宮にて 「王政復古の大号令」を発し新調の錦旗を掲げる官軍(薩長諸隊)の出陣式を行った。

長州藩は長年、南朝の末裔をかくまってきたという。

毛利家があり、小京都・萩に南朝の正統をかくまって来た

南朝系”隠し玉”はこの他にも全国にいて、南朝復興論を主張する雄藩が、熊沢天皇(水戸藩)、小野寺天皇(仙台藩)、三浦天皇(井伊藩)、井口天皇(紀州藩)、朝里天皇(紀州藩)などを抱えていました。

桂小五郎・伊藤博文ら長州の志士たちは、この南朝の末裔を天皇にして政権を取ろうと考えた

左:桂小五郎(木戸孝允) 右:伊藤博文(30歳)

明治3年の写真。維新前夜は20代の血の気の多い若造たちだったのだ。

「薩長連合に導いた根本の原因は、桂小五郎から西郷南州(隆盛)に「我々はこの南朝の御正系をお立てして王政復古するのだ」と云うことを打ち明けた時に、西郷南州は南朝の大忠臣菊池氏の子孫であるから衷心より深く感銘して之に賛同し、遂に薩藩を尊皇討幕に一致せしめ薩長連合が成功した。之が大政奉還明治維新の原動力となった。」(田中光顕)

南北朝時代の後醍醐天皇の第一皇子である護良親王の息子の光良親王の子孫で地家氏(後の大室寅之助の生家)という家系があって…天下を取った時の”隠し玉”として大切に匿われていた…この地家寅之助は、この後、同じく護良親王の末裔である周防の国の田布施というところにある大室家に養子に入り、大室寅之助と名乗りました。

田布施川を渡って、あの山の向こうの方から老人がいつも野菜を売りに来ていた。」 …ところが時々変なことを言う。何を言ってんだといったら、『うちの爺ちゃんは明治天皇や』と言うてるんですよ。

ただし、本当に大室が南朝の末裔だったのかは、議論が分かれる。

大室寅之祐(明治天皇)は、長州奇兵隊の伊藤博文の力士隊の隊士であったから、伊藤の子分同様であった。

後の明治天皇の大室寅之助さん

孝明天皇の息子・睦仁親王と明治天皇は、同一人物にしてはだいぶキャラが違う様子

即位後の明治天皇。上の写真と似てる。

孝明天皇の息子・睦仁親王と、即位後の明治天皇。たしかに別人っぽい・・・

>大室寅之祐(明治天皇)と睦仁親王は正反対の性格と体格で誰でも一目でその違いがわかった。
>寅之祐は勇壮で体が大きく、乗馬、相撲が得意だった(もと、力士隊にいたから当然か)。
>睦仁親王は女のように華奢で病気がちで、乗馬ができなかった。
>寅之祐は達筆だったが、睦仁親王は字が下手だった。
>睦仁親王は幼時、種痘をしたはずなのに、寅之祐の口の周りには5,6個の痘痕があった。

1 2





yuu2011さん

日本の、私たちの、本当の「よりどころ」を求めて。



  • 話題の動画をまとめよう