1. まとめトップ
  2. カラダ

『料理天国』などで人気だった大相撲元小結の龍虎さんが死去 知っておきたい心筋梗塞の症状や予防法

大相撲元小結でタレントの龍虎さん(本名・鈴木一清=すずき・かずきよ)が、 29日に静岡県内の病院で亡くなっていたことが30日、分かった。死因は心筋梗塞。73歳だった。その心筋梗塞の症状や予防法などをまとめてみました。

更新日: 2014年08月31日

14 お気に入り 31166 view
お気に入り追加

大相撲元小結でタレントの龍虎さんが心筋梗塞で死去

大相撲元小結でタレントの龍虎さん(本名・鈴木忠清=すずき・ただきよ)が29日午前11時、静岡県掛川市の病院で急死したことが30日、分かった。73歳だった。

死因は循環器疾患で、心筋梗塞とみられる。家族で同市内を旅行中、坂道で歩き遅れて追いついてこない龍虎さんを不審に思った夫人が、呼びに戻ったところ、倒れている龍虎さんを発見した。

力士時代

師匠の花籠親方から「漢語由来のしこ名を名乗ると出世する」と勧められ、龍虎と改名。

1957年初場所初土俵。11年かかって68年春場所新入幕。186センチの長身で突っ張りからの速攻を武器とし、端正な顔立ちと江戸っ子らしいきっぷの良い気性で人気があった

アキレス腱を切って幕下に転落しましたが、復帰後、小結に返り咲きました。

75年夏場所を最後に引退した。引退後は年寄「放駒」を襲名したが、77年1月に廃業。

引退後はタレント、俳優に転じ人気に

『料理天国』の名物試食人として活躍。「おいしいですね」の一言はそのまま龍虎のキャッチフレーズともなっている。

協会在職時代の76年1月からレギュラーのTBS系「料理天国」には名物試食人として、90年3月まで出演した。

心筋梗塞とは?

心臓が栄養としている冠動脈が閉塞や狭窄などを起こして血液の流量が下がり、心筋が虚血状態になり壊死してしまった状態

壊死に陥った心筋は収縮する力がありませんから心臓の働きが悪くなります。

心筋梗塞は突然死の原因のトップ

心筋梗塞による死亡者の25%は1回目の発症で突然死をするといわれ、突然死をおこす病気としての心筋梗塞症の恐ろしさを示しています。

発作が起きてから24時間以内の死亡率が高く、入院治療が必要となります。

心筋梗塞の原因

心筋梗塞の直接の原因は、「動脈硬化(どうみゃくこうか)」にあります。

1 2





ヴォイテクさん

気になったことを色々まとめていこうとおもいます。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう