1. まとめトップ
  2. カラダ

最近イライラするこれって一体なんなの?体の不調「イラつき」の原因はコレかも!?

昔と比べるとイライラや憂鬱な気持ちが増えたように感じていると、カラダのさまざまな不調が原因かもしれません。背景には忙しさで疲れた体や心の疲労、女性ホルモンの不調などが関係あるという。

更新日: 2014年08月31日

sun3355さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
461 お気に入り 328724 view
お気に入り追加

昔と比べるとイライラや憂鬱な気持ちが増えたように思う。。。これって一体なんなの?

なんか昔よりイライラすることが増えたな。余裕がないのか、単に心が疲れてるのか

昔は特に気にもしてなかったのに、どうして最近になってイライラしだしたんだろ

なんだか昔よりイライラしやすくなった気がするなーなんでだろう…

カラダがSOSを出しているかもしれません

残業続きなどにより、不規則な生活をしていませんか? 体が疲れるとポジティブな感情をつくり出すことができず、元気がなくなってきます。

なにもやる気が起こらない、理由もないのにイライラする、体を休めても疲れがとれないなどの不調を感じてはいませんか?

このような不調は、仕事の重責や長時間労働、人間関係などによるストレスが気づかないうちに積み重なって、「いよいよがまんの限界を超えつつある!」と心が鳴らしている警鐘かもしれません。

体の異常は、発熱や痛みなどといった症状で現れることが多いため、発見されやすく、対処もしやすいものです。

ところが、心の異常は、はっきりとした症状がないため、なかなか発見されにくく、見過ごされてしまいがちです。

体も疲れますが、同じように心にも疲れが溜まります。「うつ病」や「うつ状態」といった言葉もよく耳にすると思います。うつ病を発症する半年前にはその兆候が出ることがあるとも言われています。

女性特有のイラつきの原因はPMSかもしれない

「つまらないことで、彼を怒鳴り散らしてしまった」、「自分は周囲の人を傷つけてばかり………」、「いったんスイッチが入ると、感情をコントロールすることができない」。

PMSを経験した女性は、こんな風に悩んでいることが少なくありません。一方、パートナーや家族、会社の同僚は、女性の態度の変化にとまどい、困り果ててしまう……。

■月経前症候群(PMS)とは?

月経前症候群(PMS)といって、ホルモンが大きく変動することで、生理の1~2週間前ぐらいから精神的に不安定になったり、体調が悪くなったりして、生理が始まるとパタッと治まる。

■最近よく聞く「プレ更年期」と「更年期」とは違う?

PMSの症状は、更年期障害に現れる症状とほぼ同じ。「まだ30代なのにもう更年期?」と、不安に思う女性もいるようですが、「プレ更年期」や「若年性更年期」といった言葉は医学用語ではないので、誤った情報に惑わされないで。

PMSの症状は、イライラや気分の落ち込みといった心の症状から、頭痛や腰痛といった体の症状、集中力がなくなるといった行動面の症状まで、実にさまざまです。

症状が重いと、仕事や家事などに支障をきたしたり、人間関係のトラブルを招くことも。一見、月経とは関係のない症状も現れるため、自分の抱える不調がPMSによるものだと気づかず、悩んでいる人も少なくありません。

腸内環境が悪いとイライラを招く

訳もなくイライラしたり落ち込んでしまい、家族やカレにあたってしまったりするPMSのイライラが激しい女子は、もしかすると「腸内環境が原因」かも知れません。

「最近、何もないのにイライラしてしまう」や「集中力が持たない」という時は腸内環境が乱れている可能性が高いのかもしれません。

いらいらの原因は腸内細菌の不足かもしれません。イライラする、怒りっぽくなる、落ち込む、こうした心理状態と腸は深く関係しています。腸内細菌が少なければビタミン不足からイライラしたり、怒りやすくなったりします。

ビタミンBやCの合成を行っています。ビタミン不足はイライラの元です。

1





sun3355さん



  • 話題の動画をまとめよう