1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

なんか無敵…スカーレット・ヨハンソンが20代でキャリアを積みすぎてる

アクション、セクシー、サスペンス、等身大…全方位できる

更新日: 2016年05月28日

Muse_piさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
110 お気に入り 179728 view
お気に入り追加

スカーレット・ヨハンソンがオールラウンド女優になってた

若くてきれいで、何でもできる。スカーレット・ヨハンソンは、10代の頃からそういう女優だ

アクション女優

最新主演作『LUCY/ルーシー』では、本来10%しか機能していない人間の脳が覚醒し100%働き始めたら?という設定のもと、脳のリミッターが外され、凄まじいスピードで進化していくヒロインを演じる

通常の人間は脳の能力の10%しか使えていませんが、彼女は20%、30%、40%と脳の能力を高めていき、超人的な身体能力を獲得してマフィアと対決します

ルーシー観てきた。マトリックスの更に進化版的な感じ。エンディングやや残念と行き過感はあったけど、久々鑑賞中にwktkした映画。終わったあとは自分も覚醒した気分になれるカモ。 映画『LUCY』インターナショナルトレーラー: youtu.be/9ZARZkYwOXU

冷静に考えてみるとブラック・ウィドウが最強ですよね。
特殊な武器も能力もなしであれだけのヒーローたちと遜色なしに戦っていたのですから

セクシー女優

米「エスクワイヤー」誌で“最もセクシーな女優”に2度も選ばれた米女優、スカーレット・ヨハンソン(29)。初のオールヌードを披露した映画「アンダー・ザ・スキン 種の捕食」(ジョナサン・グレイザー監督)がいよいよ日本に上陸する

10月4日の公開

2時間弱の本編に物語らしいものはない。説明もなければ、主人公による語りもない。あるのはただただ美しい映像世界 -

「LUCY」でスカヨハにメロメロになった人は、次に公開される「アンダー・ザ・スキン」に駆け込むべし。出し惜しみしてた人があんなに脱いでるとは思わなかった

名匠ウディ・アレンが初めてロンドン・ロケを敢行したサスペンス。イギリスの上流社会を舞台に、持ち前の野心で地位と財産を手に入れる男の運命を描く

「マッチポイント」スカーレット・ヨハンソンの小悪魔っぷりにとことん翻弄される男の結末…。翻弄されたい男の本音…。movies.yahoo.co.jp/movie/324444/

サスペンス女優

「マッチポイント」でヒッチコックタッチの本格サスペンスに挑戦して、みごと傑作をものにしたウディ・アレン監督が、前作に続いてスカーレット・ヨハンソンと組み、今度はお得意のコメディテイストの犯罪サスペンス

「マッチポイント」でのスカーレット・ヨハンソンは、その役柄のため可愛らしさは影を潜めてましたが、本作では彼女の可愛らしさが十分に発揮されていると思います

映画史に多大なる影響を及ぼした比類ないマスターピース「サイコ」が世に出た過程を、綿密な取材・資料と証言によって構成したドキュメント

サスペンス映画の金字塔『サイコ』を撮影するアルフレッド・ヒッチコック監督の姿を追う新作伝記映画に、スカーレット・ヨハンソンが女優ジャネット・リー役で出演

1 2 3





Muse_piさん



  • 話題の動画をまとめよう