1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

ナイナイに解散説も?コンビ芸人が揃って活動するのが難しいワケ

20年続けたオールナイトニッポンを矢部さんが卒業し、岡村さんだけが続投することが話題になっているお笑いコンビのナインティナイン。このことからコンビの解散説まで飛び出していますが、とかく長くコンビ揃って活動することが難しいとされるお笑いの世界。なぜコンビ活動が難しくなってしまうのかをまとめました。

更新日: 2014年09月03日

monet333さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
37 お気に入り 204777 view
お気に入り追加

・20年続けたオールナイトニッポンを矢部さんが卒業することが話題になっているお笑いコンビのナインティナイン

20年半もの間、コンビで続けていたオールナイトニッポンを、矢部さんだけが卒業することが話題に

2014年9月いっぱいで終了することが発表されたニッポン放送「ナインティナインのオールナイトニッポン」

「オールナイトニッポン」(ニッポン放送)史上最も長くパーソナリティを努めた、ナイナイが20年半で歴史にピリオドを打つ

10月2日(木)深夜より同じ木曜1時の枠で「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」がスタート

・このことからコンビの解散説まで飛び出すことに…

出典ameblo.jp

高校時代に出会い、岡村さんの休業時の矢部さんの対応を始めコンビ愛の強いことでも知られるナイナイだが、オールナイトニッポンの終了で憶測も…

ナイナイのANN終了を決めたのは、岡村が5ヶ月間休養した2010年以来、矢部浩之がこの4年間年感じていた「達成感」だったという

関係者からは「例えればこれでウッチャンナンチャンのようにナイナイも実質的に解散状態になっていく」との見方が浮上

矢部が「オールナイト――」終了を決めた裏には「お互いピンで仕事をした方がいい」との思いがあったとみられる

・とかくコンビ揃って長く活動を続けて行くことが難しいとされるお笑いの世界

コンビ揃って活動するのは難しいとされるお笑い界

よく語られるのが「お笑い芸人がコンビ揃って活動するのが難しい」というテーマ

元々はコンビとして活動していたのにいつのまにやら、ピン(1人)として出ている芸人が非常に多い

基本的にコンビの場合は、どちらかが一方テレビ出演が増え、もう一方はあまり重宝されていないという傾向が強い

・実際にコンビではなく、バラでの仕事をするコンビも増えている

当初はコンビで活動したものの、だんだんピンの仕事が増えて行く芸人さんは多い

ロンドンブーツ1号2号の田村亮はが「(田村)淳とレギュラーで司会の仕事ができるのは、『ロンドンハーツ』だけ」と語る

近頃ソロ活動が目立ってきているのが、後藤輝基(フットボールアワー)、若林正恭(オードリー)など。ピースの2人も、それぞれ ピンでの活躍が目覚しい

南海キャンディーズは、時間が経つにつれて、しずちゃん(山崎静代)の個性的なキャラクターに注目が集まり、彼女が単独でCM、映画、ドラマに出演する機会が増えていった

古くは1980年初頭の漫才ブームでも生き残ったのは、ビートたけし、島田紳助、西川のりお、太平サブローらであり、コンビが二人とも残ったところはなかった

・コンビを解散してピンで活動する芸人も多い

現在はピン芸人として活動するも、もともとはコンビだった人も多い

土田晃之は、コンビU-turnを解散してピン芸人として自立

ほっしゃんと宮川大輔は、共にピンとして売れていますが昔はチュッパチャップスというコンビだったが解散

ケンドーコバヤシは、元ハリガネロックのユウキロックと「松口VS小林」、村越周司と「モストデンジャラスコンビ」結成するも解散。解散に伴い、ピン芸人に

バカリズムは、コンビ解消後、升野英知がコンビ名を単独の芸名として引き継ぎ、現在のバカリズムとなる

1 2 3





monet333さん

気になったことをいろいろまとめてます。よろしくお願いします。



  • 話題の動画をまとめよう