1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

『ホットロード』『アオハライド』...少女漫画の実写化が増えた理由

近年少女漫画の実写化が一気に増加。能年玲奈演じる『ホットロード』は興行収入15億円を突破するほどの人気を見せている。なぜこんなにも少女漫画の実写化が続いているのか、その背景は?

更新日: 2014年09月07日

tick-tackさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
56 お気に入り 100938 view
お気に入り追加

■8月16日公開された『ホットロード』が興行収入15億円を突破

原作を知らない今の子たちに伝えたい思いがあって映画化した。公開前は心配だったが、10代の観客が素直に共感してくれて、このタイミングで作って良かった

■近年、少女漫画を原作とした実写映画の制作が増加

原作ファンに最も人気が高いイラストの1枚を、めい役を演じた川口春奈と、大和役を演じた福士蒼汰が再現したポスタービジュアルも大きな話題

中学生時代の初恋相手である馬渕洸に高校で再会した吉岡双葉が、どこか変わってしまった洸に戸惑いながらも再び惹かれていくというストーリー

経験に縛られ、自分の身を守る鎧で足取りの重くなった大人達にこそ観てほしい。そんな映画にしたい

累計発行部数450万部の人気少女漫画『ストロボ・エッジ』(原作:咲坂伊緒)が、俳優の福士蒼汰と有村架純のW主演で実写映画化

登場人物たちの切ない片想いを丁寧に描き、今もなお幅広い世代に愛され続けているピュアラブストーリー

■少女漫画の実写化が増えている理由

少女漫画は少年漫画に比べると、“恋愛”や“青春”など題材にしているテーマや設定が現実的で、実写化しやすい

今や映画やテレビ産業を支えているのは圧倒的に女性です。とくに能動的にお金を払って観に行く映画となると、メインターゲットに女性を据えるのは基本的な戦略

少女漫画は)女性の深層心理にある“シンデレラ願望”も上手く刺激しているのではないでしょうか

夢を抱きにくい時代だからこそ設定は別にしても、現実逃避できて、かつ感情移入できる作品がより求められているような気もします

■『ホットロード』は現代の女性をもっとも掌握する作品だった

原作を知らない今の子たちに伝えたい思いがあって映画化した。公開前は心配だったが、10代の観客が素直に共感

刹那的に描かれる和希とハルヤマの青春の日々は、もはや80年代少女漫画における伝説であり、ファンの思い入れも大きい

■まだまだ増えるであろう少女漫画の実写化

少女漫画の実写化には賛否両論の声が常にあがってはいても
恋愛・青春を題材にした作品の実写化は、どの世代の女性からも支持され続ける。

何が実写化されたら嫌かなと考えたけど特にないかな…少女漫画では特にないかも。そもそも実写化されてイヤー!ってなる漫画あるかな?!多分別物として考えてるからどうでもいいのかもな…

少女漫画実写多いなー需要あるんだろうなー青年コミックス実写より普通に見れるもんなー

漫画実写化で成功したのって極一部の漫画でなくても問題なさそうな少女漫画なんだよな(´・ω・`)

1 2





tick-tackさん

興味のある新着ニュースをまとめ
特にイベントに関する記事が多いです。よろしくおねがいします

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう