1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

昼寝をすると勉強や仕事の効率がアップする!質のいい昼寝をする方法まとめ

昼寝することで脳がリフレッシュし、集中力や記憶力が回復すると言われています。質のいい昼寝をする方法についてまとめました。

更新日: 2014年09月12日

epinekoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
302 お気に入り 44598 view
お気に入り追加

昼寝は勉強や仕事の効率を高める

NASAの発表によると、25分昼寝をすることで、35パーセント程度仕事の効率があがるとのことです。

昼の時間に眠くなるのは人間の本能だった

昼食後の眠気は、昼食の消化と関係があると思われていました。

しかし最近の研究では、午後の眠気は、消化のせいだけではなく、むしろ生まれつきの生物リズムと関係していることが分かってきました。

ある睡眠の研究家は、実験の結果、「人間は生理学的に午後に眠るように出来ている」と結論を出しました。

昼寝をする時は椅子を使おう

昼寝をするときは、ベッドに入るよりも椅子に腰かけたまま眠るのがベターです。

なぜ座ったままがいいのかというと、それはこの姿勢なら深い睡眠に入っていかなくてすむからです。

意外かもしれませんが、昼寝のときには浅い睡眠のほうがいいのです。

昼寝をする時間帯は午後3時までが良い

昼寝をとる時は、「午後3時までの時間帯に行うこと」が大切になります。

なぜなら、午後3時以降の睡眠は、あなたの体内リズムが乱れる原因にもなり、昼夜逆転の生活を招いてしまう可能性もあるからです。

昼寝の長さは30分以内が良い

長く深すぎる眠りに陥ってしまうと、目覚めたときに一層疲れを感じるリスクがある。

この程度の時間であれば、そうしたリスクを避けながら身体を休めることができるという。

昼寝の前にコーヒーを飲むとスッキリと目覚められる

コーヒーに含まれているカフェインは大体30分後に覚醒効果が表れるため、しっかり目を覚ますことができます。

1





epinekoさん

気になった話題についてまとめています。



  • 話題の動画をまとめよう