1. まとめトップ
  2. カラダ

男性並に体毛が濃い気がする…女子力低下が招くダメな習慣が原因かも!?

女なのにヒゲが濃い、最近になってだんだん毛が濃くなってきた気がする。それは男性ホルモンの分泌が増えているからかもしれません。しかし、中には多毛症というホルモンバランスだけが原因ではない疾患である場合もある。体毛が濃くなる主要な原因や生活習慣をまとめてみました。

更新日: 2014年09月02日

sun3355さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
397 お気に入り 296355 view
お気に入り追加

男性ホルモンが増えると体毛が濃くなる

Photo by Image Source / Digital Vision

女なのにヒゲが濃い、最近になってだんだん毛が濃くなってきた気がする。それは男性ホルモンの分泌が増えているからかもしれません。

体毛の濃い、薄い、多い、少ない、には、私たちの体で分泌されている「ホルモン」が大きく関係しているといわれています。

男性ホルモンには、体毛を濃くする働きがあり、男性が女性よりも毛が濃いのはそれが要因だからです。

通常女性ホルモンの分泌量が多い女性ですが、男性ホルモンも少なからず分泌されています。

女性でも、男性ホルモンの分泌量が多い人は、体毛の濃さが目立つことがあります。

過剰な体毛は疾患が原因かもしれない

多毛症の原因多くは毛の成長を促すテストロテンや、そのほかの男性ホルモンの増加(分泌過剰)が原因となります。

多毛症は男性ホルモンが過剰に作られたり、男性ホルモンに対する反応性が高まって発症します。

女性の場合は男性ホルモンは卵巣と副腎(ふくじん)でつくられるので、卵巣あるいは副腎の疾患で多毛症になります。女性の多毛症では多嚢胞性(たのうほうせい)卵巣症候群が最も多い原因です。

■PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)とは?

PCO(多嚢胞性卵巣症候群)とは卵胞が嚢胞性変化を起こし排卵しにくくなる障害です。

PCOSとは卵巣の多嚢胞性腫大とともに、無排卵に基づく月経異常と不妊を訴え、多毛や肥満を伴う症候群である。

■多毛症の症状

女性でも、男性ホルモンが過剰な場合は口のまわりの毛が太くなり、男性の髭のようになります。胸毛、腕、大腿、下腿の毛も太い硬毛になります。

女性の体毛が異常に多い状態を指しこの状態に対して肉眼的にも精神的にも悩むこと。

生理不順、月経不順や生理の間隔が長くなるなどの傾向が多いようです。

原因を解明し適切な処置を施すことが大切なので、病院で診察を受けることをおすすめします。

ダメな習慣が男性ホルモンを増やしている

体毛を薄く・細くするためには女性ホルモンの分泌を活性化させることが必要です。規律正しく生活し、偏食や肉だけの生活をせずバランスの良い食生活をおくる。

継続的なストレスを抱えていると、自律神経のバランスが乱れ、ホルモンの分泌に影響を与えることがあります。

悩みごとやイライラなど、心身の緊張が続くと、交感神経が優位な状態になり、心身をリラックスさせる副交感神経の機能が低下してしまいます。

ストレスがたまると本当にムダ毛が濃くなっているんです。まず、ストレスがたまると自律神経が乱れてきます。だから、ストレスによって自律神経が乱れると、ホルモンバランスまで影響を受けるというわけ。

仕事や家庭のストレスやダイエットによる著しい体重減少、更年期などによって男性ホルモンが動き出すと、髭が生える、髪の量が減るなどの症状が出ますので、普段からストレスを溜めこまない様に配慮しましょう。

テストステロンを促進させるのが、動物性たんぱく質です。なかでも牛肉や豚肉の赤身には、豊富な動物性たんぱく質と亜鉛が含まれており、テストステロンの生成を促します。

牛肉の赤身などは、男性ホルモンの分泌を活発にする効果があると言われています。

肉のような動物性タンパク質が多い食べ物は、男性ホルモンの分泌を増やします。赤身肉や魚、卵、チーズ、牛乳を好む方は、少し控えてみるのもいいかもしれません。

夜更かしをすることで、体内のリズムは崩れてしまいます。すると、ホルモンバランスが乱れて、男性ホルモンの分泌が増加します。

睡眠不足が続くと、エストロゲンの分泌が低下します。エストロゲンには、女性らしさや、肌のハリ・ツヤの維持など、美容的にも重要な役割を担っています。

1 2





sun3355さん



  • 話題の動画をまとめよう