1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

ダイソン社の広告力はスゴい!かなり心惹かれる…

「吸引力の変わらない、ただひとつの掃除機」で有名なダイソン。毎回、心惹かれるキャッチコピーやカッコいいCM動画を公開しています。なぜ、こんなにかっこいい広告を作れるのか調べていると、「デザインマネジメント」というもの根底にあったようです。

更新日: 2014年09月14日

まっすぃさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
75 お気に入り 38060 view
お気に入り追加

あのダイソンがカッコいい宣伝動画をアップロードしてた

こちらは動画の1コマ。

英ダイソンが新製品プロジェクトの発表を予告したティーザービデオをYouTubeにアップし、その動画が話題になっている

こちらがその動画です。時折入るノイズなどがかなりカッコいいです。

動画を見た人たちからは、「Robocop? :)」「これはロボコップ(1987)」といった意見が出ている

開発者たちがカメラをのぞき込んだり、スイッチのような何かに触れたり、映画『ロボコップ』風な主観映像となっている

こちらが1987年に公開されたロボコップの映像。

この商品が一体なんなのかはまだ分かっていない

コンピューター・ビジョンを搭載したロボット掃除機!?などと予想されています。

動画の説明分には、「16年間、200人のエンジニア、2800万ポンドの投資。その結果は?」と書かれている

このフレーズ、気になる感を掻き立てられる!!!w

毎回、キャッチコピーの"惹かれる感"がスゴすぎ

ありふれた家電の掃除機なのに、キャッチコピーのおかげでものすごく興味を持ってしまいます。

紙パックよ、さようなら。

こちらはダイソン社のスローガン。

この人がスローガンを掲げた創業者のジェームズ・ダイソンです。

吸引力の変わらない、ただひとつの掃除機。

これがダイソンの名前を日本中に知らしめたフレーズ。

一度聞いたら絶対に忘れられないです。

他のどの掃除機よりも確実にゴミを吸い取ります。

似た製品が乱立してきたので、このフレーズで「うちのが1番」と強調しているらしい。

出典ameblo.jp

毎回、挑戦的フレーズですごい。

一般的にコードレスはコード式より吸引力が劣るとされてますが、ダイソンならそんな心配もない!?

実はCM映像もかなりカッコいい

一見普通の掃除風景なものの、分解される掃除機がカッコいい!!

こちらは掃除機の仕組み説明なものの、近未来感が溢れてる。

このスタイリッシュさの理由は「デザインマネジメント」だった

一見、掃除機には見えないスタイリッシュさ。

商品企画や製造、プロモーションにいたるまで、総合的に“デザイン”するというもの

商品、キャッチコピー、CM、それらのかっこよさがココにありそうです。

欧米の成長企業であるアップルやグーグル、アウディ、ダイソンなどはデザインマネジメントを当然のこととして実施している

確かに、どの企業も商品やサービスだけでなく、宣伝方法などがカッコいい印象があります。

ジェームズ・ダイソン社長もデザインマネジメントについて語っていました。

「テクノロジーとパフォーマンス、そしてデザインという要素を兼ね備えていなければ他社との差異化は図れない」と語っている

ただし、デザインをマーケティングの手段としてみてはだめらしい。

1





まっすぃさん

仕事の悩み、使えそうなものをまとめます。



  • 話題の動画をまとめよう