1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

24時間でTOKIOがリーダーと一緒にゴールしなかった深い理由

2014年の「24時間テレビ」でチャリティーマラソンランナーをつとめた、TOKIOのリーダー城島茂さん。見事完走した城島さんですが、TOKIOの他のメンバーはゴール直前に沿道で応援に現れるも、一緒にはゴールせず。なぜ一緒にゴールしなかったのか?その深い理由をまとめました。さすがです。

更新日: 2014年09月04日

monet333さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
274 お気に入り 1382783 view
お気に入り追加

・2014年の「24時間テレビ」でチャリティーマラソンランナーをつとめた、TOKIOのリーダー城島茂さん

恒例のチャリティーマラソン、2014年は43歳の城島さんが挑戦

今年はメインパーソナリティーに関ジャニ∞、また恒例企画の24時間マラソンをTOKIO・城島茂(43)が担当

『24時間テレビ37』で、101kmのチャリティーマラソンに挑戦したTOKIOのリーダー・城島茂さん

・城島さんは101キロを見事完走しゴール

放送時間内に見事ゴールした城島さん

30日午後7時すぎに神奈川県内を出発したチャリティーマラソンランナー、TOKIOの城島茂が31日、東京・日本武道館にゴール

終盤では疲労の色が濃くなったものの、番組放送中に無事到着する力走を見せた

97年のTOKIOの山口達也(42)、98年のV6の森田剛(35)の100キロを上回るアイドル史上最長の101キロを25時間41分で完走

ゴール直後には「ザ!鉄腕!DASH!!」の人気企画「DASH村」で指導を受けた恩人に向け「明雄さんありがとう」と感謝を述べた

・TOKIOの他のメンバーは武道館へのゴール直前に沿道でリーダーの応援にかけつける

TOKIOの残りの4人はゴール直前に応援にかけつける

日本武道館の直前までくると、TOKIOのメンバーたちが城島に駆け寄り、武道館までの道を併走し始める

残り200メートルになったところでTOKIOの他のメンバー4人が駆けつけ並走し、リーダーを励ますという感動シーン

ゴール直前、東京・日本武道館の入口付近では、TOKIOのメンバーも駆け付け、城島はメンバー全員と走りながら武道館内に入った

・が、リーダーが手招きするも、メンバーはリーダーと一緒にゴールはしなかった

ゴール直前で伴走したメンバーらは、なぜか城島さんと一緒にはゴールせず

しかし、会場の扉まで行ったところで、TOKIOメンバーの山口達也、松岡昌宏、長瀬智也、国分太一は立ち止まり、城島をゴールに送り出した

城島さんは、ラストを伴走したTOKIOのメンバーに「一緒にゴールしよう」と手招きするも、4人は「1人で行け」とまさかの“拒否”

ほかの4人のメンバーは、扉の外からジェスチャーで、お前は一人でゴールしろ、と笑いながら伝えていた

4人は会場の階段の上で止まり、ゴールテープを5人で一緒に切ろうと手招きをする城島さんの誘いには応じず、結局、城島さんが一人でゴール

リーダーが手招きするのを断り、TOKIOメンバーは全員会場には入らず、あくまで「裏方」として見送った

・なぜTOKIOはリーダーと一緒にゴールしなかったのか?その深い理由

5人でゴールしなかったワケには、後輩へ気遣いが

番組終了後、21:00から生放送された日テレ系「行列のできる法律相談所」で、TOKIOが5人でゴールしなかった理由が明かされた

TOKIO全員でゴールしなかった理由について、司会の羽鳥慎一アナが「関ジャニ∞がメインの24時間テレビだから」と説明

「TOKIOが5人でゴールしてしまうと、TOKIOの話で終わってしまうので、今年は後輩の24時間テレビだから、リーダーが一人行く」

「関ジャニ∞(がメインパーソナリティ)の24時間テレビだから、武道館の階段までは送りたいけど、最後はリーダー1人だけでと皆さん決めていた」と秘話を明かした

ジャニーズ事務所の後輩である関ジャニ∞がメインパーソナリティーを務めていたため、配慮したという

1 2 3





monet333さん

気になったことをいろいろまとめてます。よろしくお願いします。



  • 話題の動画をまとめよう