1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

自民党役員人事と内閣改造で起こった驚きの人事の狙いとは?

安部総理が自民党役員と内閣改造を行なった。予想外の起用も飛び出した狙いとは?

更新日: 2014年09月03日

haru-tomoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
40 お気に入り 182439 view
お気に入り追加

■安倍総理が自民党役員人事で谷垣氏を幹事長に起用した

安倍総理大臣は、自民党の役員人事を行い、最大の焦点となっていた石破幹事長の後任に、前の総裁の谷垣禎一法務大臣を起用し、まもなく新しい執行部が発足する運びです

総務会長に二階俊博衆院予算委員長、政調会長に稲田朋美行政改革担当相、選挙対策委員長に茂木敏充経産相がそれぞれ就任した

・石破氏の後任が誰になるか注目されていたが、これは前例のない、かなり驚きの人事だった

「複数の名前が挙がっており、混迷状態」(永田町関係者)だった石破氏の後任幹事長

谷垣氏は再選を目指した12年の総裁選直前、当時の石原伸晃幹事長の出馬表明で、自らは出馬辞退に追い込まれた。「平成の明智光秀」と呼ばれた石原氏を総裁選で破ったのが、首相だったという縁がある

・谷垣氏本人もびっくりしていた

会見で、「総理から打診があったのは、ほんの数日前、自身も予想外で戸惑った」と語りました

・安部総理の谷垣氏起用の狙いは?

党内融和を図る一方、来秋の党総裁選に向け、ライバルを取り込む狙いもあるとみられる

連立政権を組む公明党とのパイプが太い谷垣氏と二階氏を党幹部に据えることで、公明党との関係を重視するのが狙い

安倍総理は苦しい3年間の野党時代の自民党を総裁としてまとめてきた谷垣さんに強い敬意を持っていて、総理周辺は「今の党をまとめられるのは谷垣さんしかいない」と語っています

ただ、見過ごせないのは、総裁経験者を引っ張りだしてこなければ適任がいなかったという台所事情

・谷垣氏といえば消費税10%の立役者

谷垣氏はかねて10%実施を進言。起用は、首相が「増税シフト」に軸足を移したためとの見方もある

谷垣幹事長は10%への消費増税について、法律に沿って来年10月から実施することが基本との認識を示した

■内閣は12人を入れ替える大幅な改造

18人の閣僚のうち、12人が交代する大幅改造で、初入閣は、望月氏を含めて8人となる

新設する「地方創生」の担当大臣に自民党の石破幹事長が、復興大臣に党の竹下亘組織運動本部長が内定

・第二次安倍内閣の閣僚は戦後最長記録だった

第2次安倍内閣は発足以来、一人も閣僚が交代していない。3日で在任期間は617日となり、同じメンバーで続いた内閣としては戦後最長記録だ

・「入閣拒否異」という異例の事態も起こっていた

3日の内閣改造・自民党役員人事を前に、参院自民党の混乱があらわになった

1 2





haru-tomoさん

気になった事をまとめていくよ!

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう