1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

コントローラーいらず!?Xbox次世代機のポイントをチェック

テレビなどで取り上げられることが少ないですが、Xboxの次世代機『Xbox one』が明日9月4日に発売されます。注目の新機能などについてまとめてみました。

更新日: 2014年09月03日

soloponさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
30 お気に入り 41674 view
お気に入り追加

いつの間にか発売を迎えるXboxの次世代機

明後日9月4日はXbox Oneの日本での発売日。当社のお客様スペースでも実機の展示がはじまりました。社内の準備もいよいよ佳境を迎えています。 spr.ly/6012WscO pic.twitter.com/RW2g6jQxwY

#XBOXONE #XBOX ONE #PS4 Amazonの倉庫から続々と日本中に出荷の準備で配送先に届けられて行きます! あなたの家に届くのももう時期!! XBOX LIVEでお会いしましょう!(^_^)v pic.twitter.com/uUwp3EBB6X

世界から遅れること1年。日本でようやっと発売される

2013年11月より世界で発売されている

「Xbox one」は2005年発売の「Xbox360」の後継機。処理能力を高め、臨場感のある映像や音を再現できるのが売り

約9年ぶりとなる

今回は360発売時の約4倍に当たる30本のソフトをそろえる力の入れよう

PS4が発売されたときのソフトは23本でした。

ゲームをしながらテレビを観たり、テレビを観ながらInternet Explorerで検索するといったことができる

1番のウリはコントローラーなしで操作できること

カメラやマイクを備えたKinectセンサーを用意すれば、自分の声でゲームやコンテンツを瞬時に呼び出せる

「Xbox One + Kinec」で販売しているKinectセンサー

起動する時は「Xbox オン」っていえば起動して

「Xbox」とだけ伝えると、画面下にショートカットメニューが表示される

プレイ中に「Xbox クリップ」といえば、録画が開始されたり


これはゲーム実況とかに最適かも

音声や体の動きで操作できる「Kinect」の性能を向上させ、カラオケなどのアプリも用意するなど幅広い層の取り込みを狙っている

Kinectセンサーを使った音声操作機能は、ゲームに集中しながら他の操作なども同時にしやすくなることが大きな特徴

「Xbox ホーム」の一声で「戻る」ボタンを何回も押す必要が無いという!

その他にも「YouTube」のアプリを立ち上げてムービーを視聴したりもできる

テレビ画面の脇に、Internet Explorerを表示させることも可能◎

YouTubeで攻略動画を見ながらプレイできたりも。

これヤバイ!

本体だけでゲーム実況を完結させれたりもできる

Xbox Oneはゲーム以外のツールはすべてアプリという形で提供され、Windowsのようにストアからダウンロードして利用できる

録画した映像はアプリで編集でき、必要な部分だけをアップできたり、ファイルとして共有することもできる

kinectを利用した体感系のゲームができるのも、他のゲーム機との違い

あの作品の新作もクルッ!

「発売日未定」からローンチタイトル入りした「ウォッチドッグス」

発売タイトルは『アサシンクリード IV』や『バトルフィールド 4』、『コールオブデューティー: ゴースト』など豪華なラインナップ

1 2





soloponさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう