1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ASKA事件の影響で酒井法子のTVへの復帰が遠ざかっていた

ASAK被告の初公判が先月28日に行われましたが、ASKA事件の陰で、被害をうけているのが酒井法子。覚せい剤事件から復帰後、一時期はテレビにもでていましだが、最近は全く見なくなりました。今後も、酒井法子のTV復帰は難しそうですが・・・

更新日: 2014年09月04日

yuyu170823さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
16 お気に入り 95564 view
お気に入り追加

先月28日、ASKA被告の初公判が行われた

覚醒剤所持容疑で、今年5月、ASKA容疑者(56)が逮捕された

8月28日には初公判が行われ、再びCHAGE and ASKA・ASKAの覚せい剤逮捕事件が、メディアで注目されている

このASKA事件で酒井法子も大きな被害を受けていた

酒井は12年に執行猶予が解かれ、舞台で本格的に芸能界復帰となったが、近年でもメディアに登場することはほぼ皆無になっている

ASKAの薬物逮捕は、確実に酒井をテレビから遠ざけた。この事件で、世間は酒井の薬物事件を思い出してしまった。すると、テレビ局は酒井を使いづらくなる。

酒井を起用すれば、間違いなく抗議が殺到する。今は各局とも視聴者の声に敏感、その中であえて酒井を起用する理由はない

CDリリース、映画出演とかつてのような活動こそ行っているが、芸能界の薬物汚染がクローズアップされている現在、テレビ番組の出演はほぼ不可能に近い現状となっている

芸能界での復帰ができない酒井法子の現状は?

酒井典子のギャラは、パチンコ店営業をする芸能人の中では最も高額で、1日に3店舗を訪問して300万円。月に1~2日ペースでこの仕事が入っているという

実は、ASKA容疑者逮捕時に覚せい剤の件でインタビューでTV出演オファーがあった

ASKAが逮捕された直後には、ある情報番組から覚せい剤逮捕の体験者として、酒井法子にインタビューが申し込まれたとのこと

本人は当然『過去の過ちをぶり返されたくない』と拒否。結局はそのせいで、いまだにテレビ出演が果たせないというのが現状

ASKA逮捕によるメディアの“自粛ムード”は少なくとも年内は続くと見られているだけに、今後も酒井のドサ回りの日々が報じられるだろう

現在、酒井は金銭的にあえいでいるそうで、メディアのように規制がかからない上、効率的に日銭を稼げるパチンコ営業から、脱却できない状況である

今年3月のイベントの際、こころないヤジを受けたことも

1 2





yuyu170823さん

「ドラマ」関連のまとめを主に、芸能・スポーツ・社会ニュース・健康関連までまとめています



  • 話題の動画をまとめよう