1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

竹野内豊も新境地?連続ドラマで初脚本 多才なバカリズムの凄さ

これは、楽しみすぎる…!

更新日: 2014年09月04日

mizu_tamaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
228 お気に入り 152665 view
お気に入り追加

バカリズムが初の連続ドラマの脚本を担当「素敵な選TAXI」

俳優の竹野内豊&お笑い芸人のバカリズムという異色のタッグが、10月期の新ドラマ「素敵な選TAXI」で実現する

連ドラの脚本は初めてで、過去に戻ることができる不思議なタクシー運転手とさまざまな乗客による1話完結型のドラマ

1話完結型ということで、毎回登場する豪華なゲスト俳優陣にも注目だ

ドラマ「素敵な選TAXI」は10月より毎週火曜夜10時~関西テレビ・フジテレビ系にて放送(初回放送日未定)

ドラマのタイトルに込められた「素敵な選TAXI(せんたくしー→選択肢)」の意味とは

竹野内は客の希望する“過去の分岐点”に行くことができるタクシーの運転手役でユーモラスなキャラクター

タイトルは人生の「選択肢」からきており、主人公の役名は「枝分(えだわかれ)」

役名からして、すでに面白いw

誰にでも「もしあの時、別の道を選んでいたら……」と後悔することがあるはず

このドラマでは、そんな思いを実現する不思議なタクシー“選TAXI”の運転手・枝分と乗客が出会い、

料金を支払って自身の望む「過去の分岐点」へと運んでもらい、再び人生の岐路を選択していく

人生のやり直しを繰り返す中で、乗客は自分自身を見つめ直し、やがて自分にとって本当に大切なものが何かに気付いていく姿を描く

竹野内豊って、イケメンでなんか渋~い役柄のイメージだけど・・・

竹野内が演じる選TAXIの運転者・枝分は、人生の選択に失敗して焦る乗客にひょうひょうとした語り口で話しかける

クールな外見の一方で、話し好きでおせっかいで甘い物好きの枝分が、人生の選択に失敗して焦る乗客にアドバイスを送っていく

枝分が登場するのはほとんどがタクシーの車内というのも大きな特徴で、竹野内の新たな魅力が見られるはず

竹野内は、最近のCMなどでユーモアとペーソスを感じさせるなど芸域の広がりを感じさせるだけに、ドラマでもそれが発揮されそう

脚本だけじゃなく、バカリズム自身もカフェの店長役で出演

(ドラマ出演に関して)「決して脚本家という立場を利用したわけではないことは、声を大にして言っておきます!」と強調

プロデュース側も超強力な布陣

「ロス:タイム:ライフ」の筧昌也と「チーム・バチスタ」シリーズの星野和成が演出を担当

関西テレビの豊福陽子プロデューサーはバカリズムさんへのオファーについて、「テレビやライブで披露される自作のコントなどを拝見して、

発想の面白さと会話劇のうまさに驚愕(きょうがく)しました。その筆力と発想力でぜひ連続ドラマに新しいワクワクを吹き込んでほしい

活躍の広がりがとどまるところを知らないバカリズムの多才っぷり

1 2





mizu_tamaさん

猫になり~た~い~♪

/ス\



  • 話題の動画をまとめよう