1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

曲げわっぱ弁当が美味しそう♪

良いものは良い♪そんな言葉がぴったりな「曲げわっぱ」今1番きになっている品です。大事に扱えば扱うほど味がでてくるそうです。シンプルだけど古風さもなんだかステキ♪気になっているのでまとめてみました。

更新日: 2014年09月05日

ohirunesitaiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
116 お気に入り 42486 view
お気に入り追加

まずはじめに 曲げわっぱ弁当箱のこと

スギやヒノキなどの木を曲げて作られる「曲げわっぱ」。秋田杉で作られる秋田の大館曲げわっぱをはじめとして、日本各地の伝統工芸品になっています。

とてもシンプルなデザインだけど、木のぬくもりを感じます♪

青森県藤崎町のひばの曲物、静岡県静岡市の井川メンパ、長野県塩尻市奈良井宿の木曽ヒノキを使用したメンパ、、三重県尾鷲市の尾鷲杉を使用した尾鷲わっぱなど各種ある。

良いところ

曲げわっぱの特徴のひとつが、その吸湿性。お米などから出る水分をほどよく吸収してくれるため、時間が経って冷えてしまっても、いつまでも美味しくお弁当が食べられる。

ご飯が傷みにくく、水分を程よく逃がしてくれるのでベタつきを抑えることができます。
さらに、軽量で持ち運びがしやすいといった実用性があります。

カラフルなお弁当箱も可愛いけど、
シンプルだからこそ、おにぎりや玉子焼きがひきたって
美味しそうに見える♪

何気ないいつものお弁当でも、曲げわっぱに入れるとそれだけでとーーっても美味しそうに見えるもの。見た目がカッコいいって、毎日使うものには欠かせない条件です。

お手入れ方法

まず基本として、洗剤やクレンザーで丁寧に洗ってしっかり乾燥させる。

洗剤で洗って水気を切ったあとは、こんな感じで立てて乾かすといいそうです。
空気がよく通るように、台にふれる面積を少なくするという理由ですね。

匂いがとれない・気になる場合は

おうちにある緑茶やほうじ茶の茶葉をひとさじ入れて、蓋をして一晩置きます。

フライパンで軽く煎ってから入れると、香りが立って効果が倍増。
一晩たつと、ふんわりお茶の香りが漂います。

毎日使うお弁当箱、ちょっと丁寧に扱うだけで使えば使うほど愛着のある一品になります

お弁当を作るのも、洗って乾かすのも毎日の積み重ね。ごはんやおかずの中身だけでなく、曲げわっぱそのものも大事にしてあげたいです。

1





ohirunesitaiさん

身近に感じたこと 気になること 興味があることをまとめています。
よろしくお願いします!

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう