1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

過去を変える方法はある…もう 「 嫌な過去 」 に縛られることはない

「過去を変えることはできない」という言葉がありますが、これは「過去の事実」を変えることができないという意味です。過去を変える方法はあります。それができるかどうかは、あなたの考え方次第です。

更新日: 2014年10月23日

randoseruさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1089 お気に入り 111262 view
お気に入り追加

▼ 「 過去の事実 」については、もはや変えることができない…

過去は変える事が出来ません。あなたが天才で努力家であってもコントロール出来ないんです。過去を変えてしまえば今はなくなります

だからと言って、つらい過去を憎んだり後悔しても人生を無駄にする

▼ 過去の事実は変えられなくても、「 意味付け 」は変えられる…

過去に起こった出来ごとの「 解釈 」は、変えることができる・

しかし、過去の出来事の「 意味づけ 」を変えることは可能です

過去は変えられないけど、自分の好きなように「意味づけ」できる

思いだしたくない過去のこと、その事実は変えられないけれど、その事実に対する意味づけは、一人ひとりが変えることができるんです

▼ 過去に生じた 「 事実 」 と 「 解釈 」 は別物である ※操作可能

だが、過去に経験したことの「 意味 」を変えることはできる・

これから戻ってもしょうがない。ボクは、これは神様が与えてくれた有意義な時間なのだと割り切り、カバンを空けて読書し始めました

交通事故でさえも、起きている出来事は「車がぶつかった」という事実のみです。「ラッキー」か「不幸」か、意味づけをしているのは

「起きたできごと(事実)」と「意味」が別のものなら、できごとの「 意味づけ 」を変えることで、感じ方が変わってくるはずです

「自分の過去の汚点を消すことはできない…」は負の解釈にすぎない

過去の汚点を消すことはできない。私は対人恐怖症だったことを一生、秘密にしていかねばならない。この事実を変えることはできない

▼ 「時間」や「人との出会い」が意味付けを変えるきっかけになる…

メンターとの出会いで、考え方(意味づけ)が変わる方もいます・

僕の場合時間が僕の考え方(意味づけ)の仕方を変えてくれました

厳しい一言を言われて傷ついた、という事実は変わらなくても、後になって、その背景がわかると、その事実の意味は変わってくるはず

1 2





わかりやすさとクオリティ重視です。
読者の役に立つ情報を丁寧にまとめます。

ジャンル:
ビジネス、自己啓発、子育て、恋愛、
雑学他

Twitter: http://bit.ly/RFda49



  • 話題の動画をまとめよう