1. まとめトップ
  2. レシピ

秋の味覚!おいしい「かぼちゃ」の見分け方と保存方法

秋はさまざまな野菜の収穫時期。特に女性は、芋・栗・南瓜って大好きですよね。でも、かぼちゃを買う時、全部同じに見えてしまってどれがいいか分からないことってありませんか?おいしいかぼちゃの見分け方と保存方法をまとめてみました。

更新日: 2014年09月07日

lulu0803さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
249 お気に入り 94140 view
お気に入り追加

▼秋だ!かぼちゃだ!

いもくりかぼちゃスイーツ大好き族なので秋は楽園の季節

この季節になると栗とか南瓜の商品出てくるよね♡どうしても買ってしまうのよねー かぼちゃのプリンとかパンとか大好き♡

秋の食べ物が大好き!! くり、かぼちゃ、さつまいも!! 秋!!秋って幸せ!!

▼ハロウィンで大活躍の「かぼちゃ」がおいしくなる季節!

秋はさまざまな野菜の収穫時期。
特に女性は、芋・栗・南瓜って大好きですよね♪

収穫のピークは夏だが、採れたてのものは甘みがなく、貯蔵により甘みが増す。そのため、食べごろは秋から冬にかけて。

独特のやさしい甘みは、ほかの食材では味わえない魅力のひとつ

▼かぼちゃの種類は3種類。

日本かぼちゃ→ねっとりとした食感。
西洋かぼちゃ→甘みが強くホクホクとした味わい。
ペポかぼちゃ→淡泊な味でサクサクとした食感。

「日本かぼちゃ」「西洋かぼちゃ」「ペポかぼちゃ」の3つ種類があり、一般的に流通しているのは西洋かぼちゃです。

日本かぼちゃは食感がねっとりとしていて和食向きといわれています。1960年代頃までは食卓によく登場しましたが、その後は西洋かぼちゃが主流となっています。

天文年間(1532~55年)、ポルトガル人がカンボジアの産物として日本に伝えたことから、「カボチャ瓜」と呼ばれ、のちに「瓜」が落ちて「カボチャ」と呼ばれるようになった。

▼でも、選び方が難しい・・・。

美味しくない「かぼちゃ」だったってことありませんか?

全部同じに見えるため、見分け方が分からなかったり、1個が多くてどう保存すれば良いのか困ることってありませんか?

おいしいかぼちゃを見つけるのは結構難しい

おいしいかぼちゃの見分け方。

・丸ごと買う場合。

緑色が濃く、ずっしりして重量感があり、形が整っているものを選びましょう。
身を叩いた時に、コンコンと跳ねるような音がするものもおいしいかぼちゃです。

ヘタのまわりを押した時、柔らかいのはNGです!

表面がゴツゴツしていて、爪が立たないくらい堅いもの。

ヘタのまわりがくぼんでいたり、ひびが入っていたりするもの、あるいはコルクのように乾燥しているものは完熟している証拠

・保存方法は?

直射日光を避け涼しい場所に置けば、2ヶ月程度はそのままでも問題ありません。
ただ、底面は傷みやすいのでたまにチェックをしましょう。

冷凍したかぼちゃを使う時は、凍ったまま調理する事がポイントです。解凍してしまうと水分が流れ出してしまい、煮崩れもしやすくなります。

まるごと置いておく場合は非常に保存性が高いので、なるべく涼しい風通しの良いところに置いておくだけで2カ月くらいは大丈夫

カットしていなければ、長時間栄養素を損なわずに保存できます。

冷凍する場合は、種とワタを取り除き、煮物用なら面取り、汁物用であればスライスしてからバットなどに並べ冷凍します。凍ってから保存袋などに移して冷凍しておきます。

1 2





lulu0803さん



  • 話題の動画をまとめよう