1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

錦織圭の準優勝で見えてきた「第5のグランドスラム」とは

全米オープンで日本人初、そしてアジア人として初の男子シングルスで決勝進出という快挙を達成した錦織圭選手ですが、その裏では「第5のグランドスラム」と言われる『ツアーファイナルズ』という試合の出場権をかけた熾烈なデッドヒートが繰り広げられていました。決勝の後にもまだまだ楽しみは尽きそうにありませんね。

更新日: 2014年09月09日

c-hisaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
24 お気に入り 59593 view
お気に入り追加

◇アジア人初の世界ランキング8位が確定!!その「8」という数字に大きな意味があった!

全米オープンで決勝進出を果たした錦織圭選手。世界ランキングは優勝だと5位、準優勝でも8位になると予想されています。

テニスのグランドスラムである全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は6日、男子シングルス準決勝が行われ、第10シードの錦織圭(日本)が同大会2011年覇者で第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)を6-4, 1-6, 7-6 (7-4), 6-3で撃破

男子アジア勢初で自身初となるグランドスラム決勝進出という更なる偉業を成し遂げた

ジョコビッチは「今日はリターンが浅くなってしまった。錦織はそこを見逃さなかったね。それにバックハンドは世界トップレベルだ。彼の動きはとても速く、アグレッシブに攻めてきた。」とコメント

錦織は8日に発表される世界ランキングで5月に記録した9位を更新し自身、アジア人男子初となる世界ランク8位となることが確定

この8位(後述のように、厳密には世界ランキングでは決まりませんが)という数字は思っている以上に大きな意味を持っています。

◇ツアーファイナルズ…年間獲得ポイント上位8選手が出場できる最終戦のこと

世界ランキングは直近1年間の成績によって決まるのですが、それとは別に、シーズン開始からの年間獲得ポイントが上位8人に入ると、最終戦への出場資格が与えられます。

2008年まで上海で行われていたマスターズカップが名称変更されて、2009年からATPの年間最終戦としてロンドンのO2アリーナで行われる大会

ツアーファイナルズはシーズン成績を基準に8人のみ出場資格が与えられるマスターズ大会

毎シーズン全ての選手が0ポイントからスタート。出場大会の結果によってポイントが加算される。年末にはワールドツアー・ファイナルズ」への出場資格を得られる上位8選手と、年間1位が選出される

基本的には3セット・マッチで行われ、決勝戦のみ5セット・マッチで行われる事がある

ただ、会場がロンドンに変更された今では決勝戦も3セットで行われています。

◇ポイントと賞金がすごい

『ツアーファイナルズ』は注目度もさることながら、ポイントと賞金もグランドスラムに匹敵する大きさのため「第5のグランドスラム」と呼ばれています。

ラウンドロビン1勝につき200ポイント。決勝進出で400ポイント、優勝で500ポイントのボーナスが与えられる

出場する8選手は2リーグに4人ずつ振り分けられ、総当り戦を実施します。上位2人ずつが準決勝に進出し、そこからはトーナメント戦となります。つまり全勝して優勝すると……

優勝者は最大で1500ポイント獲得できる

男子テニスツアーの大会の優勝ポイントは基本が250ポイント、大きな大会では500・1000・2000ポイント(グランドスラム)のものがあります。

男子テニスの今季最終戦、ATPワールドツアー・ファイナルズはロンドンで決勝を行い、第2シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が第1シードのラファエル・ナダル(スペイン)を6─3、6─4で破り、連覇を達成

昨年の決勝の結果です。今回全米オープン準決勝で錦織選手が勝利したジョコビッチ選手は、なんとこのツアーファイナルズを2012年2013年と連覇しています。

本大会負けなしで優勝賞金192万ドル(約1億9000万円)を手にし、今季を22連勝で締めくくったジョコビッチ

今年のツアーファイナルズの賞金総額は650万ドルにも上ります。すごいですね!

◇ツアーファイナルズに出ることは選手にとって名誉

年間成績の優秀な選手のみ出場可能であり、安定感と直接対決の強さ、その両方が求められることになる。ここでの戦いはグランドスラム以上に真の王者の資質が問われるものだと言っていい

錦織がグランドスラムではまず「ベスト8」を口にするのは、それが一昨年の全豪オープンで挙げたグランドスラム自己最高成績であると同時に、それが「トッププレーヤーのボーダーライン」という認識があるから

「今年もチャンスがなかったわけではなかった。徐々に近くなってきている。トップ10入りに加え、そこ(ツアーファイナルズ)も目標にしていきたい」

錦織圭選手が2013年シーズン終了後に語った言葉です。

ATPワールドツアー・ファイナル出場の可能性がある錦織は全米オープン前の今季獲得ポイントランキングで10位としており、決勝進出した事によりD・フェレール(スペイン)を抜き5位となる可能性

◇どれだけ大変なことなのか…ツアーの仕組み

テレビや新聞などで報道されているテニスの大会というのは、ピラミッド状にたくさんある試合のほんの一部です。

世界男子ツアーはATP(Association of Tennis Professionals)によって管理・運営

グランドスラムと呼ばれる4大会(全豪、全仏、全英(ウィンブルドン)、全米)を頂点として、以下、マスターズ1000、ツアー500、ツアー250とピラミッド状にランク付けされる

ATPツアー公式戦のような高いレベルの試合にコンスタントに本戦から出場できるのは、世界中のテニス選手の中でも80~100人程度

ATPツアーという山の頂を目指し始めた選手達はツアー下部のフューチャーズやチャレンジャーで戦い、ポイントを稼いで少しずつ上位レベルの大会にステップアップしていきます

フューチャーズ大会のベスト16で得られるポイントが1ポイントであることを考えると、グランドスラム優勝の2000ポイントというのはとてつもなく大きな数字であることが分かります。錦織選手が全米の後に『ツアーファイナルズ』に出場できるか、期待しましょう!

1





c-hisaさん

毎日ほのぼのと暮らしています。
幅広くまとめていきたいと思っていますが、メインは体や健康に関すること、覚えておきたいこと・ニュースなどです。



  • 話題の動画をまとめよう