1. まとめトップ
  2. カラダ

米ぬかで美肌を手に入れよう♡ついでに冷え性も改善!

日本人の主食白米を作る時に余ってしまう「米ぬか」。実はこの米ぬかには、たくさんの栄養分が含まれているのです。女性に嬉しい美肌効果や冷え性対策、ダイエットなどにもいいそうです。万能「米ぬか」を上手に使って、「綺麗」を手に入れよう!

更新日: 2014年10月09日

vmxmvさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
492 お気に入り 48468 view
お気に入り追加

美容と健康の強い味方「米ぬか」

美白化粧品が存在しなかった時代の女性は
「美白なら米ぬか」が常識でした

玄米の白米へと精米する際にとれる
外皮の肺が部分。米ぬかの中には、
玄米の持つ栄養分の90%以上が
含まれている。

白米に比べビタミンB1は約40倍、ビタミンB2は約10倍、
鉄分は約15倍含まれまる

肌に潤いを与えたり、メラニンを含んだ角質を除去し、透明美白な肌へと導いてくれる

美容の分野でとても注目されています!

米ぬかに含まれる栄養素は、界面活性剤などの化学成分の力を借りずに肌の奥深くへ届きます。水溶性ビタミンなどが肌の奥へ到達しやすくスキンケア効果を実感できるスピードが早いです。天然由来の成分だけで構成されている米ぬかパック、是非試してみてはいかがでしょう。

つやが出る(肌に張りが出て、きめ細かくなる)

くすみのもとになる、厚く硬くなった手ごわい角質もおだやかに除去。

♦「米ぬか」を使ったオススメ美容法

☆米のとぎ汁を使ってもいいようです。

米ぬかと重曹だけで作った洗顔料で洗顔するようになって以来、肌がきれいだと言われるようになった。こういうことって本当にあるのだな。しかし、高い化粧品をライン使いしていた頃は言われなかった。どゆこと?

最近の洗顔。 米ぬかで洗うと肌がビックリするくらいにツルツル(*≧艸≦) お金もかからないし、毛穴スッキリ、適度な油分もあるので、サイコーの洗顔料٩(♡ε♡ )۶

作り方は簡単で、綿で袋を作り、そこへ米ぬかを入れます。
米ぬかを入れた袋をぬるま湯に浸して、米ぬかのエキスを染み出させます。
米ぬかで白く濁ったお湯は、米ぬかのエキスたっぷりなので、これで洗顔をします。

方法1

洗顔料のように米ぬかを適量手にとり、ぬるま湯を加えて混ぜるだけです。
優しくマッサージするように洗顔していきましょう。

方法2

米ぬかと牛乳を大さじ2ずつ混ぜ、鼻やあごなどのざらつきが気になる部分を中心に、軽くマッサージする。
十分にすすいでから保湿する。

方法3

あ、さっきね、米ぬか+小麦粉でパック作ってやったら一気に透明感でてビックリした!美白美容液より明るくなれそうな気がする。笑

米ぬか(小さじ2)と小麦粉(大さじ1)を入れ物の中で混ぜ合わせます。
何人分かまとめて作りたい場合には、小麦粉6に対して米ぬか4の割合で分量を調節しましう。
そこにお水を少しずつ加えながら、液体ノリくらいの硬さになるまでコネコネしていきます。
そのままラップをして、20分から25分くらい寝かせてたら、出来上がりです。

米ぬか500~600gを入れた布袋を浴槽に入れて、モミモミ。
米ぬかがない時は、「米のとぎ汁」でもOK!
保温性がよく、体ポカポカ、お肌しっとり。
ぬか袋で体を軽くこすると、スベスベ。

♦女性の大敵「冷え性」にも効果的!

米ぬかを使って「足裏パック」をすると「γ-オリザノール」が足から浸透し、足の血流を強力に促し、冷えを予防改善。

1 2





vmxmvさん

ガールズ系が多いですが
日頃気になった事や
興味のあるものを
まとめていきますʕ•ӫ̫͡•ʔ

お気に入りして下さった方
ありがとうございます♫`



  • 話題の動画をまとめよう