1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

錦織選手の全米オープン決勝進出という快挙に芸能界から続々とエールが!

錦織圭が第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)を6-4、1-6、7-6、6-3で破り、アジアから初の4大大会決勝進出を決めました。それに芸能界からも続々とエールが送られています。

更新日: 2014年09月08日

11 お気に入り 30189 view
お気に入り追加

日本人初となる決勝進出を決めた!

世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)をセットカウント3-1で下して決勝進出。

6―4、1―6、7―6、6―3で破り、四大大会シングルスで男女を通じて日本勢初の決勝進出を決めた。

2時間52分の激闘を制した錦織はジョコビッチと握手を交わした後、子供のように飛び跳ねて自身初となるグランドスラム決勝進出の喜びを爆発させた。

決勝の舞台への意気込みを話す

「グランドスラムの決勝は僕も初めてのことなので、もちろん緊張したりもあるだろうし、しっかり気持ちの準備を整えていきたい。」と決勝の舞台への意気込みを話した。

ジョコビッチ 錦織のプレーを絶賛

「5セット目までもつれ込んだ2試合を制した彼の強さに、驚かれたのではないか?」との問いに、「彼は素晴らしいプレーをした。彼の努力を祝福したい。いい選手になった」と語った。

フェデラーは決勝に進んだ二人について話しました

フェデラーは2人について、「正直、チリッチの方に驚いた。ツアーに長くいながら、ここ数年でプレースタイルを変えたから。圭は、彼が17歳の時に初めてプレーしたときから、すごい才能と思っていたから、あまり驚かない」と話した。

錦織圭選手の地元の応援団も決勝進出を決めて歓喜!

「すごい選手、誇りに思う」「優勝目指して」。テニスの全米オープン男子シングルスで、日本人初の決勝進出を決めた錦織圭選手。出身地の松江市でも市民らが快挙の達成を喜んだ。

松江市の松浦正敬市長は「言葉にならないほど喜んでいる。目指すはチャンピオン。圭君ならきっとやれると信じ、精一杯の声援を送りたい」

小学校時代の担任だった小林真美さん(51)は「一歩一歩夢に近づき、誰もが憧れるプレーヤーになった。本当に立派」と涙を拭った。

錦織選手モデルのポロシャツやラケットが売り切れ状態に

錦織圭選手の躍進に、本人が使用しているポロシャツやラケットなどの「錦織モデル」が売り切れ状態となっている。試合を独占中継する有料BS放送のWOWOWにも契約の問い合わせが殺到している。

レプリカ商品を8月25日から東京の銀座店やオンラインストアで発売したが、9月7日までにほぼ完売した。

New York Timesのトップに錦織圭選手が載りました

ニューヨーク・タイムズは錦織選手の勝利を「予期せぬ快進撃」と報じるなど、海外メディアは驚きを持って伝えている。

錦織選手の歴史的快挙に日本の芸能界から次々とエールが送られた

1 2





ヴォイテクさん

気になったことを色々まとめていこうとおもいます。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう