1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

サッカー界のスター選手フランク・リベリが可哀想なことになっていた

フランス代表からの引退を表明したフランク・リベリだったが、悲しい現実が待っていた

更新日: 2014年09月08日

TyamadaZさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
17 お気に入り 80634 view
お気に入り追加

かっこよく代表引退を表明したフランク・リベリ

バイエルンの左MFフランク・リベリ(31歳)が、フランス代表から引退することを明らかにした。

31歳のリベリは国際Aマッチ81試合に出場し、16ゴールを記録。06年のドイツW杯、10年の南アフリカW杯に出場した。

「自分のことをもっと家族に捧げたいし、バイエルンでのプレーに集中したい」

「引退する。自分で潮時だと実感した。素晴らしい若手たちに代表の場所を明け渡したい」

「いい時もあれば悪い時もあったけど、今は人生の新たな章をスタートさせる時だ」

あ、リベリ&ナスリってガチで代表引退してたんだ

しかし、そうはいかないとUEFAのプラティニ会長

UEFAのミシェル・プラティニ会長は、MFフランク・リベリのフランス代表引退を理解できないと語った。

プラティニ会長は、ディディエ・デシャン監督に招集されたら、選手に拒否する権利はないと主張。

「もしフランス代表のディディエ・デシャン監督がリベリーを招集するのであれば、リベリーは代表チームに来なければならない」

「彼はフランス人だ。16年には母国でユーロが開催される。その場でプレーしたいと“思わなければならない”はずだ」と、コメント。

プラティニ「フランスを地元開催のユーロで勝たせたいからリベリは代表引退させない!」サッカー選手に自由は無い

処分が科されると警告している

リベリが(ディディエ・)デシャンの招集を断れば、FIFAが定めた処分を科されることになるだろう。

規則では、「クラブに所属する選手は誰であっても、所属する国の協会からの招集に応じる義務がある」ことになっている。

FIFA(国際サッカー連盟)の規則に基づいて、所属クラブで3試合の出場停止処分科す可能性もあると警告した。

ああ、リベリの代表引退にプラティニがNOというか干渉してきてるわけね

プラティニにそんな権限ないだろって突っ込みは置いといて、リベリは今のフランス代表を見てそろそろ引き際だと思ったんでしょうね。

その決断を尊重するのが普通だが、そうならなかった事例も

06年、当時フランス代表を率いていたドメネク監督は、W杯ドイツ大会終了後に代表引退を発表していたクロード・マケレレを、代表チームに呼び寄せた。

 このマケレレに対する処遇に、同選手が当時所属していたチェルシーのモウリーニョ監督は怒り、ドメネク監督が選手を「奴隷扱いしている」と非難した。

フランス代表監督の考えは?

1 2





TyamadaZさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう