1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ジョージ・クルーニーが式を挙げた「宮殿ホテル」たまらん( ´艸`)

センスが良く幻想的。重厚かつ歴史情緒溢れる雰囲気に満ちたホテルだった!さすがGeorge Clooney!!

更新日: 2014年10月05日

neekoo999さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
171 お気に入り 127703 view
お気に入り追加

【祝】ジョージ・クルーニー

美人弁護士アマル・アラムディンと結婚しました。

映画のワンシーンを見ているよう。素敵すぎ。

ハリウッドスター「ジョージ・クルーニー」が結婚式に選んだホテルは?

イタリアの水の都「ベネチア」にある

ベネチア(ベニス)は、世界的に「水の都」として知られる観光都市です。ヴェネト州の州都。イタリア半島の北東部に位置し、160もの運河が町全体に張り巡らされていることが特徴です。

「アマン カナル グランデ」(Aman Canal Grande Hotel)

VENICE, ITALY - SEPTEMBER 23: General view of the Palazzo Papadopoli, Aman Canal Grande Resort on September 23, 2014 in Venice, Italy. George Clooney is set to marry his lawyer fiancee Amal Alamuddin this weekend in Venice where they met after it was previously thought they would marry on Lake Como where the actor has a home. (Photo by Barbara Zanon/Getty Images)

場所はヴェニスの一等地、カナルグランデ(大運河)に面した中心地です。

1550年に建てられた宮殿パラッツォ・パパドポリを改築した超高級ホテル

この宮殿は、16世紀に、ベルガモのコッチーナ商人が、当時の巨匠であった建築家ジャン・ジャコモ・デ・グリージに依頼して造られたと伝わっています。

大運河に面しているから移動はボート

昔のままに美しく磨かれた芸術。もはや美術館!

館内に入ると、随所にフレスコ画や芸術的な騙し絵、モザイクタイル、シャンデリアなどが当時のまま使われ、貴族の優雅な館の暮らしぶりが偲ばれます。

貴族…いいなぁ

別世界。シャンデリアが素敵。

メインのダイニングルーム「ピアノ・ノービレ」。運河を眺める事ができ、ゆったりとした時間が流れる。

メインダイニング「ピアノ・ノービレ」では、人気メニュー「イカスミのスパゲッティ」がおすすめ。なんとヴェネツィアが発祥の地だそう。

すべて天井にはフレスコ画が描かれ、階段にはオーナー一族の紋章の一部であるライオンのモチーフもあしらわれている。

5階建てのパラッツォには24室のスイートがあり、随所に施されたフレスコ画やレリーフから歴史とアートが溢れ出しています。家具やインテリアにはシックでシンプルなものを用いている為、ゴテゴテした感じではなく、豪華で優雅で寛げる空間となっています。

ジョージ・クルーニーは結婚式に、24部屋全てを貸し切ったそうです。

サンソヴィーノ。
16世紀のヴェネツィアが誇る建築家、Jacopo d’Antonio Sansovino(ヤッコポ・ダントーニオ・サンソヴィー)によりデザインされたオリジナルの暖炉。

アルコーヴェ・ティエポロ・ スイート。
中国画の描かれたリビングルームと、ジョヴァンニ・バッティ スタ・ティエポロによる天井画のあるベッドルームが特徴です。

自然派のバスアメニティはオリジナル。

浮島にグリーンの庭を作るのは非常に贅沢な事だそうです。

特に感動的なのは、ヴェニスの夕暮れ時です。カナルに面したメインのダイニングで窓を開け放ち、夕陽の沈むカナルを観ていると、観光客を乗せたゴンドラが、ゴンドリエの歌に包まれてカナルを走行していく様子が見られます。

大運河カナルグランデの夕日。この時間、ゴンドラからゴンドリエの歌が聞こえるそう。

1 2





neekoo999さん

気になること、おもしろいことをまとめていきます。



  • 話題の動画をまとめよう