1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

道の駅「八幡平サーモンづくし弁当」がまっかっかだった

岩手の道の駅に、開けたら「まっかっか」なお弁当がある。その赤は、ご当地サーモンと呼ばれる岩手の清水が生んだおいしい赤身でした!

更新日: 2014年09月08日

akashi2さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
96 お気に入り 31201 view
お気に入り追加

サーモンの漬けとサーモンの粕漬け(西京焼)が入ってる!

これで、ごはんを巻いたら・・・。
ああ・・・よだれ出てきた。

山菜の中でも人気のひめ竹、見ても楽しい色鮮やかなほうれんそう入り玉子焼きが添えられた、まさに八幡平市を思わせるお弁当

こちら、岩手県にある「道の駅にしね」で売ってるお弁当だった。

弁当に使われる八幡平サーモンのウマさ

八幡平サーモンは、岩手の清水でうまみを増したご当地サーモン。

八幡平サーモンとは養殖のニジマスです。
さっぱりとした味わいに程よく脂がのった魚

日本名水百選の湧水「金沢清水」と こだわった飼料で育まれた岩手の新ブランドと称されている

通年10℃前後のミネラル豊富な湧水で、養殖されている。

エサは薬を使わず研究開発したもので色を赤くするためにアスタキサンチンも入れている。この成分はお肌のアンチエイジングにも良いと注目されている

アスタキサンチンは、自然界に広く分布している天然の赤い色素。

まっすーが八幡平サーモンの味、ギュッとしてる、て…何がギュッとしてるんだw

八幡平サーモンは、サケであってサケでない味!
ニジマスであって、ニジマスでない味!

肉厚な食感に驚き!身のしまりがよく、弾力がある

普通の魚よりも冷たい「金沢清水」で活動をしているので、身の締りがよく、脂ののりも程よくなる。

くさみがなく、さっぱりとしていながらトロリとした脂ののりも絶妙で、天然魚に近い味わい

「ひと口食べたら忘れられない」身の鮮色といい締まり具合といい、質感がまったく違う「別物!」

刺身でも、川魚特有の生臭さが全くないという!

八幡平サーモン食べたいなー!無農薬養殖だってよー!たかいんだろうなー!(≧∇≦)

いえいえ、1050円だそうですよ!

この八幡平サーモンを養殖している高橋愛さんのインタビュー。

道の駅のレストランでは、八幡平サーモン定食が頂けます

これに、ご飯と味噌汁つくなんて、なんて幸せなんだ。

道の駅にしね内でも同名のお弁当が味わえます!
中身は多少違いますが、同じ八幡平サーモンの醤油漬けと西京焼きが乗ったお弁当

1





akashi2さん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう