1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

韓国沈没船事故の裁判で色々と衝撃の新事実が分かってきた

多数の犠牲者が出た「韓国セウォル号沈没事件」。この事件では船長・船員合わせて15人が逮捕・起訴されている。その裁判が始まり、色々と新事実が分かってきた。

更新日: 2014年09月09日

haru-tomoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
25 お気に入り 228150 view
お気に入り追加

■多数の犠牲者が出た韓国沈没船事故

国南西部、珍島の沖合で修学旅行の高校生ら475人乗りの旅客船が沈没した事故

現在までの死者は293人、不明者は11人となっている

・乗客を置いて逃げた船長や船員が逮捕されていた

韓国の旅客船セウォル号沈没事故で、乗客を船内に置いて逃げたとして逮捕された船の乗員

機関長ら船体後部の機関室で勤務していた数人の乗員は、部屋を出て廊下に集まり、脱出までの30分間、じっと動かず何もしなかった

イ・ジュンソク船長(68)は下着姿で救助船に飛び移ったが、ズボンをわざわざ脱ぎ捨てた疑いがあるとみられる

■この船員の裁判でありえない発言が飛び出した

遺棄致死罪などで起訴された船員、イ・ヨンジェ被告(56)が8日までの自身の公判で「頭のいい人間は生き残った」と発言

・「船室で待機しろ」との放送を信じた多くの高校生が犠牲になっていた。当然、遺族は大激怒

修学旅行の2年生300人余りが事故に巻き込まれ、生存が確認されているのは75人だけだ

・被告の事故当時の行動もひどかった

イ被告は船が傾いた時点で勤務した部屋から出て仲間の船員と脱出が容易な廊下で30分以上待ち、最初に到着した救命ボートに飛び移った

待機中、生徒らに脱出を呼び掛けず、そばで血を流して倒れていた船の調理師を見捨てて逃げたとされる

■他にも裁判で信じられない事が明らかに

一等機関士のソン被告(58)は「(脱出しようと3階の船室の廊下に集まった後)パク機関長(58)と缶ビールを飲んだ」と証言

その理由について機関士は「高ぶった感情を落ち着かせるため」と説明した

傍聴席からは犠牲者の家族の一人が「今もビールを飲みたいか」との罵声を浴びせ、法廷内が騒然となった

・非常ベルを押さなかった船長の「言い訳」

1 2





haru-tomoさん

気になった事をまとめていくよ!

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう