1. まとめトップ
  2. カラダ

元気が出ない長引くスランプ状態…それって心の病気が原因かも!?

誰しもが、人間関係や仕事の失敗などで嫌になる時期が訪れますし、何に対しても疲れてしまい、落ち込んでしまったり鬱な気分になったりしたことはあると思います。無気力状態が続くと心の病気になったり、背景には疾患が隠れているかもしれません。

更新日: 2014年09月09日

sun3355さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
349 お気に入り 170555 view
お気に入り追加

無気力状態って誰でもなりうる?

誰にでも嫌になる時期や何に対しても意欲が湧かず無気力になる場合もある。

誰にでも、何もしたくないような無気力な気分になることはあるものです。例えば睡眠時間が全然足りず、ひどく疲れているような時は、新しいことを始めるバイタリティーは沸かないでしょう。

仕事で結果が出なかったり、失恋をしたり、自分なりに努力をした結果が自分の求める結果と違っていたりしたとき、多くの人は目標を喪失して無気力の状態に陥ります。

一時的にやる気が起きなくなったり、無気力になることは誰にでもあることですが、長期化すると仕事や勉強に支障が出てきます。

やる気低下が危険信号

脳梗塞の前兆となる危険なサインはやる気の低下を招く!

やる気の低下は、脳梗塞のサインかもしれない

皆さんも、家族や友人のやる気がおかしいな、と感じたら、「ひょっとして…」と疑いを持ち、状況によっては脳の検査を受けるよう勧めてみてください。

やる気低下の原因が隠れ脳梗塞の場合もあります。隠れ脳梗塞はこれまで症状が出ないと考えられてきました。しかし、最近この隠れ脳梗塞の症状にやる気の低下が見られると分かってきたのです。

人間の「やる気」を司っているのが脳の「線条体」です。その線条体の付近で小さな脳梗塞がおきると「やる気の低下」という症状が現れます。これが「隠れ脳梗塞」と呼ばれるもの。

無気力状態が続くと心の病気に進む可能性も

何もしたくない無気力状態が続くと焦燥感や不安感も伴いうつ病になる場合もある。

どんな人でも、仕事や人間関係がうまくいかずにスランプに陥ったことがあるでしょう。イヤなことがあれば、憂鬱になり気分が落ち込むといった経験が誰しもあると思います。

こうした一過性の気分の落ち込みならば、それほどの心配はいりませんが、気分が落ち込む状態がいつまでもつづいて、もとのように回復しない。この状態が「うつ病」です。

うつ病はうつ状態を示す気分の低下にはじまって、少し症状が重くなると意欲がなくなり、思考や判断力が低下していきます。

これは、意欲の低下、行動力の低下、思考力の低下、集中力の低下、決断力の低下、判断力の低下といった抑制症状です。

コミュニケーションや人間関係に悩んでいるとやる気が低下する?

人間関係で悩みを抱えてしまうと無気力で落ち込んだ状態になってしまいそれが長引くと対人恐怖症になる恐れもある。

バイタリティの低下に関連する心の病気として、人と関わり合う状況を極端に恐れる「対人恐怖症」などもあります。

対人恐怖症は学力不振を招きます。対人恐怖症になると、人と接する必要性がある場所にいることだけでも苦痛になります。

このような強い不安や恐怖が繰り返し出現すると、人から注目されるような場面や状況があまりにも苦痛になるため、会社をやめようと悩んだり、人と接することを怖れて家に閉じこもった生活を送るようになったり、と日常生活に支障が出てくるようになります。

うつ病の無気力とは異なる「無気力症候群」の可能性も

目標なく無気力になったり、意欲が低下したり、周囲に無関心になったりする状態なら無気力症候群かもしれません。

仕事に取り掛かっても、モチベーションが上がらず、いつまでも仕事が終わらない、仕事の興味が湧いてこない。友人と遊んでも盛り上がっているみんなのノリについていけず、自分だけ冷めてしまっているなんてことはありませんか?

こんな症状がある方はアパシー・シンドロームの可能性が高いと考えられるそうです。

最近増加傾向にあり、「無気力症候群」と言う心の病は20代前後に多く見受けられます。

仕事や勉強といった、やらなければならない本分に対して目標を喪失してしまい、無関心、無気力に陥る状態。

やる気低下が長引く前に精神科受診

一人で悩まずに、医師に相談してみることも大切が何よりも大切になってくる。

通常であれば、少し休んで好きなことをしたり、信頼の置ける友人や家族に、相談すればそれらの気分は解消されますが、それでもなお気持ちが上がらず、無気力で落ち込んだ状態が二週間以上続いた場合、一人で悩まずに、医師に相談してみることも大切です。

他の病気に比べ自覚しにくく、周りからも気づかれにくいということもあると思います。 例えば、「なんとなく、体がだるい、痛い」など一見、心とは全く関係のなさそうな症状でも、実はとても関係が深かったりします。

心と身体というのはとても密接につながっているためこのようなことが起きるのです。

1 2





sun3355さん



  • 話題の動画をまとめよう