1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

iPhone6キタ!アップルの”粋な演出”にTLが大盛り上がり!

Apple Watchの発表前にティム・クックCEOが発した『One More Thing』の一言に盛り上がるTL、マカーたち。その言葉に隠された歴史をまとめてみました!ジョブズ、見てくれてるよね。

更新日: 2014年09月10日

ムミナさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
335 お気に入り 411633 view
お気に入り追加

予想通り発表されたiPhone6!

随分とおっきくなったiPhone6Σ(゚Д゚)

左が5s、真ん中が6、さらにその上をいく6Plus!

しかし!薄さは歴代iPhoneの中でも最薄に

さらにグラフィックもキレイになって

カメラもコンパクトデジカメ並みの画質に!

ソシャゲだったり、自撮りのトレンドを取り入れてる感じ!!

日本時間、10日午前2時からAppleの新作発表会が始まり、かねてからの予想通りiPhone6の詳細が発表された

一言でいえば「大きくなった」。引き伸ばしただけでなく画素数も増えて、拡大やスクロールなしでも見やすくなった

それでいて小型化、省電力化も実現してる!

6Plusには光学手ぶれ補正も搭載され、もはや性能が安物のコンデジ超えてるまでに

フルHDのビデオ撮影や、スーパースロー撮影など見どころ目白押し。

しかし、そんな発表をよそにTLは別の話題で盛り上がる

『One more thing(あともう1つ)』って何をそんなに。。

どうやらアップルが新製品を発表する時の前フリらしい...!

アップルの発表会恒例の『One more thing』ネタ

お決まりのネタなんですって!

『One more thing』がアップルの新製品、新サービスの発表への期待感、ワクワク感につながっている

クックCEOは壇上でiPhone 6とiPhone 6 Plusを紹介したあと、『One more thing...』と語って聴衆を惹きつけた

実はコレ、ジョブズお馴染みの名ゼリフとして有名だった

ジョブズが新製品発表イベントで驚きの発表の前に必ずといっていいほど口にする『One more thing』

新製品の発表を全て終えたかのようにして、おもむろにステージの中央に戻ってきて『One more thing』と言って隠し球を披露する

会場が一瞬どよめいた後、想定外の新製品が映し出され、大きな歓声があがるというおきまりのパターン

『One more thing』として発表されたものにはApple TVやiTunes Storeなどのアップルにはなくてはならない製品やサービスばかり

『One more thing』というとオマケのような発表での位置付けだが、この場合はそうじゃない!

「See you soon,Thanks!」っていったあとに

「あっそうそう、1ついい忘れてたんだけどさ」

って戻ってくるジョブズにアップルファンは毎回ドキドキさせられましたw!

「もうお腹いっぱい」という時に「いや、これで終わりじゃない。もう1つあるんだ」と言って聴衆を驚かせてくれる油断ならないひと言

最後に大きな発表が来ることで聴衆は高揚感を感じたまま会場を後にするプレゼンテクとしても有名に!

「実はもう一つ発表したいものがあるんだよね〜 ( ̄ー+ ̄)ニヤリ」的な、どこか悪戯っ子のような雰囲気がたまらなかった

これがあったから製品発表会で聴衆を大満足させてくれた

ジョブズがAppleに残したものの一つに「One more thing」という言葉があるんだな、と。

One more thingきたあああああああああああああああああああああああああああああああ ジョブズおもいだすなあ、、、泣 pic.twitter.com/3PBBnBAIhg

ジョブズの歴代『One more Thing』を1本にまとめた動画も!

1 2





ムミナさん

気になることをまとめていクマ。



  • 話題の動画をまとめよう