1. まとめトップ
  2. カラダ

二日酔いの予防に牛乳を飲んでも効果ナシ?実はあの食材が効果があるらしい

二日酔いの予防には、よく牛乳を飲むといいと言われていますよね。実はこの説は、医学的な根拠は全くないのだそうです。かわりに注目されているのが、意外にもあの食材だそうです。

更新日: 2015年08月17日

uryuxさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
68 お気に入り 25126 view
お気に入り追加

二日酔いの予防に牛乳はウソ?

もはや都市伝説と化している“お酒を飲む前に牛乳を飲むと、胃に膜を作る”という話。

「牛乳の成分が胃壁に膜を作って胃を保護する」というのは間違いで、正しくは「牛乳の成分が肝臓の働きをサポートし、アルコールを分解しやすくする」

牛乳にかわる胃を守る食材があるらしい

その食品とは、イチゴ! なんとイチゴが胃を守り、胃潰瘍の形成を遅くするのを助けるという驚きの事実がバルセロナ大学の研究で明らかになりました。

イギリスのニュースサイトMail Onlineによると、実験はマウスを用いて行われたそうです。

マウスにアルコールを与える前、10日間に渡ってイチゴエキス(重さ1キロにつき40mg/日)を食べたネズミの胃粘膜は、ごく少ない損傷で済んだのだとか。そして、わずかな胃潰瘍化のみが確認されただけだったとのこと。

他にも「脂肪分」をとることも効果あるんだとか

脂肪は胃の中ではほとんど消化・吸収されず、その下の十二指腸ではじめて消化され始ます。

また、他の食品と比較しても吸収に長い時間を要する成分なんです。

つまり、アルコールの胃の中での吸収を大幅に防ぎ、腸での吸収速度をゆっくりにすることから、急激な酔いを防止する効果が期待できます。

海外では二日酔い対策として、脂肪分は常識

ヨーロッパの地中海で飲酒前にスプーン一杯のオリーブオイルを飲むという習慣は世界中で有名となった二日酔いの予防・防止方法です。

また、ロシアでは飲酒前にバターやサワークリームを食べ二日酔い予防をすることが広く知られています。

これら脂肪分を飲酒前に軽く取ることで二日酔いの予防に大きな効果があるとされています。

飲み物では緑茶がオススメ

ビタミンCがアセトアルデヒドを分解する作用があります。 また、タンニンがアルコールの代謝を促します。

緑茶にはカテキン(フラボノイドの一種)が含まれ、アルコールなどの栄養吸収を阻害する効果があります。

但し、高濃度茶カテキンの取り過ぎは海外でいくつかの肝機能障害の症例がでているため、取り過ぎには注意が必要です。

また、煎茶、玉露、抹茶にはカテキンは含まれないまたは微量のため、二日酔い予防・防止には効果がありませんのでご注意下さい。

1





美容法・ダイエット法
http://urx.nu/bC5h
動物系
http://urx.nu/bC6n
話題・ネタ系
http://urx.nu/bCac



  • 話題の動画をまとめよう