1. まとめトップ
  2. ガールズ

化粧ノリUPだけじゃない!顔の産毛剃りは「ニキビ」にも効果あり

顔の産毛(うぶ毛)処理は、顔色・透明感アップ、化粧のりアップなど美容にいいことがたくさん!そんな顔剃り、肌荒れしてるからと敬遠していませんか?実はニキビの為にも顔のうぶ毛の処理はした方がいいんです。正しい顔剃りして、キレイになろう♪

更新日: 2014年09月14日

rii8saさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1175 お気に入り 176793 view
お気に入り追加

見られてますよ~顔のムダ毛は処理すべし!

顔色・透明感アップ、化粧ノリアップ、スキンケア効果も高められるうぶ毛剃り♪

肌の上に黒い産毛があると、肌がどんなにきれいでも暗くくすんで見えてしまいます。

基礎化粧品によるスキンケアの効果も上がります。うぶ毛で覆われた肌に化粧品をつけても、うぶ毛が邪魔して思うように入っていきません。うぶ毛を取り除くことによって、肌への吸着力が上がるのです。

産毛と古い角質がなくなると、ファンデーションが肌にピタッとつくので、化粧ののりや持ちがアップするというメリットも。

肌荒れ防止にもなる!産毛が「ニキビ」の原因になるって知ってた?

顔色アップ、化粧ノリアップ!の顔のうぶ毛剃り、
ニキビには悪いかな~って思ってた…

ニキビのある肌にとって産毛は雑菌が増えるので産毛をそのままにしておくことは良くありません。

顔そりはニキビに悩む方に特におすすめです。余分な皮脂や汚れは、うぶ毛に絡まりやすくなります。

にきびができる原因は毛穴に皮脂がつまりばい菌が繁殖してしまう為です。
お顔の産毛を通って雑菌が毛穴に落ちていきますので、産毛をきれいに取り除けば雑菌が毛穴に入りにくくなりにきびができにくくなります。正しい剃り方をするとにきび改善にもつながります。

正しい産毛の剃り方

ヤジルシの方向のように、毛流れに沿って剃刀を当てていきましょう♪

2.毛の流れと逆方向に皮膚を引っ張りながら、毛の流れに沿って剃っていきます。同じところを何度も剃るのはNG。肌を痛めるため1度で済ませましょう。額のてっぺんから始めて最後は顎へ、上から下へと進めていくのがポイントです。

4.化粧水、乳液…と、時間をおかずに洗顔後と同様のケアをします。特に保湿をしっかりおこないます。

産毛を剃るときの注意点

顔のうぶ毛処理は、注意深く行いましょう。

カミソリを当てるときに石鹸の泡をつける人がいますが、皮脂を落としてしまうので乾燥するだけでなく、角質もはがれやすくなってしまうので避けて。

洗顔フォームや石鹸はNG!クリームや乳液を薄く塗って、肌を保護して剃りましょう。

使用する剃刀は清潔なものを使用します。さびたり不衛生になるため、浴室に置いておくことは避けましょう。

肌への負担になってしまうので、剃刀は清潔なものを使いましょう!

同じ箇所を何度もなぞると角質層が薄くなりすぎてしまい、トラブルの原因になります。

剃刀を当てて剃るのは、一回だけにしましょう。

どの位の頻度で処理すればいいの?

お肌を傷つけてしまうので、やりすぎはNG。

2~3週間に1度くらいの頻度に留めましょう。頻繁におこなうと、肌を傷つけるリスクが高まります。

産毛の濃さや伸びる速度は人それぞれ異なりますが、毎日や2、3日ごとはやりすぎです。産毛を剃るときに角質も一緒に削れるので、やりすぎると肌が敏感になって化粧水がしみたり、肌が赤くなったりするので注意を!

1





rii8saさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう