1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

かわいすぎる「エアギター」世界一の名倉七海「アコギ」でデビュー

8月にフィンランドで行われた、エアギター世界一を決める『2014年世界エアギター選手権』で優勝した名倉七海(19)が、フォーライフから吉田拓郎の『こうき心』のカバー曲をエアギターではなくアコースティックギターを奏でながら歌うスタイルで年内にメジャーデビューすることが決定した。

更新日: 2014年09月12日

tame2000さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
32 お気に入り 47105 view
お気に入り追加

エアギター世界一を獲得した名倉七海

フィンランドで行われた「第19回エアギター世界選手権」で、日本チャンピオンで日本代表として出場したタレントの名倉七海(19)が優勝した

日本人の優勝は、2006年と07年に2連覇したお笑いコンビ「ダイノジ」の大地洋輔(42)以来

名倉さんはエアギターパフォーマンスを売りとして今年4月に解散したアイドルユニット「テレパシー」の元メンバー

史上最年少のかわいすぎるエアギター世界チャンピオンとしてネット、メディアなどでいま世界的に注目を集めている

「大好きなエアギターの世界選手権に出場でき、さらに優勝までできて、うれしいです」

エアギター世界一・名倉七海がメジャーデビュー決定

名倉七海が、年内にフォーライフミュージックエンタテイメントよりメジャーデビューすることが決定した。

デビュー曲は、同社創始者でもある吉田拓郎の1stアルバム『よしだたくろう 青春の詩』(1970年)に収録された『こうき心』

PVがフォーライフのYouTubeオフィシャルチャンネルに公開

エアギターではなく、実際にアコースティックギターを弾きながら歌っている姿もこのPVで観ることができる。

間奏のシーンでは、エアギタリストらしく、激しいメロディをソロで掻き鳴らす様子も収録されている

ギターを持っている映像と、ギターを持たずエアギタープレイをしている映像とが交互に挿入され、独特の音楽観が表現されている。

この度、名倉七海はフォーライフミュージックエンターテイメントさんから歌手としてソロデビューすることが決定しました!! そして私がとても力をもらった、吉田拓郎さんの「こうき心」をカバーさせて頂くことになりました!
(中略)
「自問自答をしながら一人で前に進んでいく」という、とても力強い歌だと私は感じました。その歌詞と一人になった自分を重ね合わせたの。そしたら、私もいつまでもウジウジしていられないなって思って、しっかり自分と向き合って前に進んで行こうって思ったんです。
早く歌手としての新たな自分を表現していきたいです!!!
これが、10代最後の決意であり、私の新しい挑戦です。

彼女のリアルギター(アコーススティックギター)の演奏シーンもありこれもまた注目のポイントとなっている。

吉田拓郎てどんな人?

1946年鹿児島県生まれ、広島県育ちのシンガーソングライター。1966年に開催されたフォークコンテストで全国3位になるなど、早くから頭角を現す。1970年にシングル「イメージの詩/マークII」でデビュ ー。当時はまだ珍しかった全国ツアーを先がけて行うほか、ラジオの深夜番組で活躍するなど、若者文化の象徴的存在となった。1990年代後半からは、KinKi Kidsなどと共演したテレビ番組を通じて、幅広い層からの支持も獲得。邦楽シーンの重鎮として、現在も第一線で活躍している。

日本のシンガーソングライターの草分け的存在であり、マイナーだったフォークとロックを日本の音楽シーンのメインストリームに引き上げた人物の一人

大規模ワンマン野外コンサート、ラジオの活性化、コンサートツアー、プロデューサー、レコード会社設立など、さまざまな新しい道を開拓したパイオニアとして日本ポピュラーミュージック史における最重要人物の一人である。

50年井上陽水,泉谷しげる,小室等とレコード会社フォーライフ・レコードを設立

七海のデビュー曲をリリースする株式会社フォーライフミュージックエンタテイメントの前身

1 2





みなさんの役に立つ楽しいまとめを作っていきたいと思っています。
よろしければ★を押してお気に入りにご登録ください。
よろしくお願いいたします。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう