1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

北海道大雨、江別断水過去最大規模 ピーク後こそ土砂災害に警戒を 被害画像集

11日に大雨が降った北海道。12日も北日本を中心に非常に激しい雨のおそれがあり、気象庁は土砂災害や低い土地の浸水に引き続き警戒を呼びかけている。江別市では過去最大規模の断水で店頭からはミネラルウォーターが消える。大雨が続いた後で地盤が弱まっているので、土砂災害への警戒が必要。交通機関への影響は?

更新日: 2014年09月13日

justin_nyさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
15 お気に入り 24528 view
お気に入り追加

⊿今日も降り続く雨 土砂災害への警戒が必要

12日も北海道など北日本を中心に非常に激しい雨のおそれがあり、気象庁は土砂災害や低い土地の浸水に引き続き警戒を呼びかけています。

札幌管区気象台と室蘭地方気象台はレーダー解析により、11日午後7時半までの1時間に白老町付近で約110ミリ、午後7時までの1時間に千歳市の支笏湖付近で約110ミリ、午後11時半までの1時間に苫小牧市の平野部で約100ミリの猛烈な雨が降った

10日に局地的豪雨で住民多数が孤立状態になった胆振管内白老町では、9日の降り始めからの降水量は400ミリを超えた。

気象庁は、北日本を中心に土砂災害や低い土地の浸水、それに川の増水に引き続き警戒するとともに、落雷や竜巻などの突風にも十分注意するよう呼びかけています。

⊿土砂災害の前兆減少は?どうやって警戒するの?

土砂災害の前兆現象としてよく言われることは以下のこと

・崖から小石がパラパラと落ちてくる
・普段出ないところから水が湧いてくる、普段湧いている水が止まる
・湧き水が異常に濁っている
・石がボロボロと落ちてくる
・木の根が切れるような音がする
・斜面に亀裂が入っている

⊿現在までの被害状況

この影響で工場の従業員や、近隣の旧飛生小学校で開催中の芸術祭のスタッフら計68人が飛生福祉館に避難したが、町道の水没により孤立している。

札幌市によると、同市内では白石区役所の電話が午前3時10分~6時40分まで不通となった。落雷の影響とみられる。

⊿江別市では過去最大規模の断水に

取水している千歳川が同日未明からの上流での大雨によって濁るなどし、市の浄水施設の給水能力を超えて取水を停止するなどしたため。

12日午前0時現在、市内約5万5千世帯12万人のうち約3万3千世帯7万5千人に影響が出ており、復旧のめどは立っていない。

1 2





justin_nyさん

海外情報、環境、事故、災害分野を中心にまとめていきます

話題の事故・災害写真【http://bit.ly/1lRceXf

今までのまとめ【http://bit.ly/1kDkKsJ

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう