1. まとめトップ
  2. カラダ

無意識なのに…顔にシワを作ってた犯人は寝相だった!

人によって眠りやすい姿勢はさまざま。あなたは寝相がいいですか?寝相が悪いと、女性の敵『しわ』を作ってしまうんです。寝相に意識をして、シワの原因を作らない睡眠を取りましょう!

更新日: 2014年09月14日

346 お気に入り 132194 view
お気に入り追加

顔のシワや歪み、胸が垂れるといった老化現象は、高い化粧品を使っても、眠り方を変えないかぎり無意味

寝方が、ほうれい線をつけてしまう原因にもなっている

シワやほうれい線は癖づけによって定着してしまうんです。

こんな眠り方はしないで!

うつ伏せって寝やすい感じするんですが、美容には良くないみたいです…。

枕に顔をこすることで肌を刺激してしまったりと、老け顔や肌質悪化の影響する

うつ伏せで本を読んだり、携帯をいじっていてそのまま寝てしまわないよう注意

顔の一方が枕に押し付けられた状態のため、長時間同じ姿勢で寝ているとシワができやすくなってしまう

じゃあどうやって寝るのが一番いいの?

枕の摩擦などで、肌トラブルに見舞われる可能性も格段に低くなる

寝る前に肌に塗った美容成分が、重力によって、肌の奥深くまで浸透しやすくなる

重力で美容成分が染みこむなんて、意外ですよね~!

理想の枕というのは、寝ている姿勢が立っている姿勢と同じようになること

低い枕で寝るのが、体にも顔にも悪い影響を与えないベストな方法

高すぎる枕を使っている場合、寝ている間中、首にしわが出来ている

前に頷くような形で首が曲がっている状態になり、しわがどんどん深くなっちゃいます。

高すぎる枕だと寝返りができず、同じ体勢のまま眠り続けることになるので、よりシワが消えにくくなる

美容にも影響するのに、寝返りはなんでしちゃうの?

いい感じの姿勢で寝ても、寝返りで朝起きるとひどいことになってたりしちゃうんですよねぇ。

人は寝ている間に20~30回も寝返りを打つ

一つの姿勢をとり続けているわけじゃないんです。

睡眠中に同じ体の部位が長時間圧迫され血液循環が滞ることを防いで体の負担を和らげている

汗を蒸発させたり、体の歪みを治すという意味もある

適度に寝返りを打って態勢を変えないと、同じ部分に汗をたくさんかき睡眠が妨げられちゃうんです。

1





さぼてん猫さん

自分の趣味や気になることをまとめます。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう