1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

ASKA被告に懲役3年執行猶予4年の判決!今後の復帰の可能性は?

覚醒剤や合成麻薬を使用した罪などに問われた人気デュオCHAGE and ASKAのASKA被告に、2014年9月12日、東京地裁で懲役3年執行猶予4年の判決。果たして今後のASKA被告はどうなるのか?判決の内容とともにまとめました。

更新日: 2014年09月12日

monet333さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
5 お気に入り 66002 view
お気に入り追加

・覚醒剤や合成麻薬を使用した罪などに問われたCHAGE and ASKAのASKA被告

人気ミュージシャンの覚醒剤の逮捕で大きな話題を呼んだASKA被告の事件

2014年5月17日、覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕された人気デュオCHAGE and ASKAのASKA(本名・宮崎重明)容疑者(56)

ASKA被告は2014年8月28日の初公判で起訴内容を認め、覚醒剤を「我慢できない恐ろしい薬。止められない」などと表現

ASKA被告はこれまでの公判で、覚醒剤を使い始めた理由を「眠気をとるためだった。興味があった」などと説明

初公判で、検察側は「長期にわたり違法薬物を使用し、常習性が高い」として、懲役3年を求刑

・2014年9月12日、東京地裁はASKA被告に懲役3年執行猶予4年の初犯としては重い判決を言い渡す

Photo by Brand X Pictures / Stockbyte

懲役3年執行猶予4年という重い判決が下る

ASKA被告の判決が2014年9月12日、東京地裁であり、植村幹男裁判官は懲役3年執行猶予4年(求刑懲役3年)を言い渡した

覚せい剤事件の初犯としては重い判決となったが、東京地裁は「違法薬物への依存性は深刻で、常習性も高度」とした

判決の宣告後、植村裁判官は「(被告には)傲慢(ごうまん)な考え方が見受けられる。大切なものが何なのかを考えてほしい」と説諭

・落ち着いた表情で判決を受け止めたASKA被告、判決後にはコメントも

判決後にはコメントを出したASKA被告

黒のスーツとネクタイ姿で出廷したASKA被告は、判決が言い渡された瞬間も落ち着いた表情

裁判官が最後に「薬物依存から脱却するのはもちろん、社会で生きていくうえで大切なものは何なのかを一から考えてください。それが裏切った人たちへのつぐないの第一歩となります」と諭すと、ASKA被告は小さな声で「はい」と応えた

閉廷後、ASKA被告は「罪の重さを改めて認識しました。改めて皆さまに心よりおわび申し上げます」とのコメントを出した

「家族の支えのもとで人として立ち直り、健康を取り戻す決意です」などとコメントを発表。謝罪するとともに、更生を誓った

・相方のChageも判決を受けコメントを出す

判決を受け、Chageはホームーページ上で、「本当の自分を取り戻す努力を」とASKA被告の更正を願うコメントを発表

「僕が知る宮埼重明という一人の男として、きちんと罪を償い、心身の健康を回復し、本当の自分を取り戻す努力をして欲しい」

「その日が来ることを心から願っております」と長年の相方への思いをつづっている

・こうして執行猶予付きの判決が出たことで注目されるのがASKA被告の今後

実刑ではなく、執行猶予付き判決が出たことで復帰にも注目が

かつては、芸能人が薬物に手を染めても、ある程度の期間謹慎する“みそぎ”が済めば、復帰できるおおらかさがあった

初公判では、注目される今後の音楽活動について、ASKA被告は引退を明言せず、復帰に含みを持たせた

事実上コンビは解散となってしまいましたが、CHAGEも相棒の復帰を願っていますし、ファンもASKAの復活を心待ちに

ASKAは"言える身分じゃない"と話していますが、実は水面下で復帰に向けて大きな力が動いている

1 2 3





monet333さん

気になったことをいろいろまとめてます。よろしくお願いします。



  • 話題の動画をまとめよう