1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

ほとんど問題なし…「 IQ 」が低くても、がっかりする必要がない理由

IQが高ければ、社会的にも成功しやすい…と思いがちですが、実際はそうでもないようです。IQは仕事で成功するための一つの変数にすぎないということと、それよりもかなり大事な変数があるから…というのがその理由です。

更新日: 2014年10月09日

randoseruさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
281 お気に入り 180876 view
お気に入り追加

▼ 「 IQの高い人 」が、仕事でも成功するような気がするが…

何かにつけIQの高い人は低い人に比べて仕事の段取りがうまい・

よく知っている物差しはIQです。でも、もし学校や人生でうまくやれるかがすぐに簡単に学習する能力以外にかかっているとしたら・

どんなイメージを浮かべるだろう。「優等生」「頭がいい」「社会的に成功している」「学歴が高い」等反射的に思いつくかもしれない

IQの高い人は多角的なアプローチで、問題を解決する能力がある…

被験者の脳内血流量を測定する実験でも、IQの高い人は脳内のいろいろな部位の血流量がアップすることが確かめられている。つまりIQの高い人は脳の色々な部分を連携させて問題を解決しようとする

▼ 現実は、IQと仕事の成功とはあまり関係ない ※相関が高くない

「IQが高いと成功する」と思う人は多い。しかし現実を見れば・

わかるだろう。頭の良し悪しと、金銭的な成功とは、あまり関係ない。「頭が良ければ金儲けが出来る」という発想を、捨てた方がいい

「頭が良ければ成功しそう」というイメージがありますが、ハーバード大学の同研究によれば、仕事での成功とIQはあまり関連がない

具体的には、IQ110~115の男性の間とIQ150以上の男性を比較しても、収入の差はほとんどない、という結果が発表されて

「 IQ 」と「 社会的に成功するかどうか 」は、あまり関係がない…

私はIQは相当平均より高いのですが(東大、京大に軽く入れる程度です)、現実社会では落ちぶれた生活を送っております。そして私と気の合う数人の人も、かなり頭は良いはずなのに社会的成功とは・

▼ IQは仕事で成功するための一つの変数にすぎない ※他の変数有

社会的成功との関連性については、知能、学習・経験時間、効率の他に運の要素が大きくなる上コミュニケーション力が大きなウェイト

成功するための変数が沢山あるため、イメージ程IQは重要ではない

体力・運動能力・センスなど多くの要素が加わってくるため学業成績との相関より一般に低くなります。相関係数は比較的低めの0.4

▼ たとえば、「やり抜く力」や「コミュニケーション能力」が大事…

自分より才能の劣る人が、自分より大きな成果を上げる…というのはよくある話。

何年もの間 、一生懸命に取組みその夢を 実現することです。やり抜く力は、短距離走ではなくマラソンを走るように生きることです・

こうした様々な状況において、ある一つの特徴が大きく成功を左右していました。それは、社会的知性ではありません。ルックスでも身体的健康でもIQでもありませんでした。それは『やり抜く力』です

能力がずば抜けていなくても、協力者の力を借りれば大きな成果を…

コミュニケーションや人間関係に関する能力も含まれてきます。それはとても大切な能力です。仮に、実務能力がずば抜けていなくても協力者が回りにいることで、本人の力量以上の力や成果を手にする・

1 2





わかりやすさとクオリティ重視です。
読者の役に立つ情報を丁寧にまとめます。

ジャンル:
ビジネス、自己啓発、子育て、恋愛、
雑学他

Twitter: http://bit.ly/RFda49



  • 話題の動画をまとめよう