1. まとめトップ
  2. カラダ

自覚症状のない冷え性が原因かも!?足の裏が熱くて眠れない…その原因と対策とは?

足の裏が熱くて眠れない…もしかして…病気?足の裏が熱いのが原因で不眠の人もいるのでは?足の裏が熱くて眠れない、その原因と改善・対策・対処法をまとめてみました。

更新日: 2014年09月17日

JellYさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
68 お気に入り 72439 view
お気に入り追加

■足の裏はどうして熱くなるの?

Photo by Image Source / Photodisc

夜寝る前に多く足の裏が熱くなる原因に入眠と体温の関係があるんです。寝る前に人間は体温を一度下がります。

■足の裏が熱くなる原因①⇒自立神経の乱れ。

Photo by Visage / Stockbyte

足の火照りの原因は、「自律神経失調症」「極度の冷え性」「老化」「ストレス」

自律神経の乱れや、日中にエアコンを使ったり、立ちっぱなしなどの、足に負担のかかる作業をしていると、足の血流が著しく悪くなります。元々、足の先は心臓から一番遠い位置にあり、血液の循環が悪くなりやすいのです。

■足の裏が熱くなる原因②⇒隠れ冷え性

冷え性は、足の先など体の末端部分の血行が悪くなり、冷たくなってしまいます。でもあまりにも冷えすぎてしまうと、今度は温かくしなければという人体の恒常性が機能して、発熱させようとするので足の裏が熱くなるのです。

冷え症の原因である血行障害がおきると、冷えだけではなく、ほてりを感じることがあるのです。

冷え性が進むと、人間の体には冷えている部分を発熱させる仕組みがあるので、手足が火照ってしまうのです。これは冷え性がとても進行している危険な状態。

■足が熱くなる原因③⇒エアコンがきいた場所にいる。

夏場は特にクーラーなどで体が知らず知らずのうちに冷えていて、手足の熱が奪われすぎた結果夜になって、時間差で足の裏が熱くて熱くて眠れないという症状が生まれます

自律神経の乱れや、日中にエアコンを使ったり、立ちっぱなしなどの、足に負担のかかる作業をしていると、足の血流が著しく悪くなります。

夏は冷房や冷飲食、薄着、シャワー浴などの影響で、体が冷えやすくなります

■足の裏が熱くなる原因④⇒ストレス

運動不足、疲労、ストレスが原因で血行が悪くなると言われています。

ストレスや体の疲れがたまると、血行障害が起きて自律神経も乱れてしまいます。特に自律神経の交感神経が過剰に反応してしまい、発熱反応を起してしまって足の裏が異常に熱くなってしまうのです。

【改善方法①】足を冷やさないで温めるよう普段から心がける。

手足の冷えが起こる原因は血行の悪さですので、血の流れをを促進する意味でもまずは温めることが一番の解決法。

足を温めることにより、足は温かいですよ、冷えていませんよと脳に伝えて信号を正常に戻せば足の裏の熱いのは改善する

【改善方法②】⇒代謝をよくするマッサージやストレッチを生活の中に取り入れる

1 2





JellYさん



  • 話題の動画をまとめよう