1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

9月14日開催!ケネディ大使も参加する『ツール・ド・東北2014』

9月14日、東日本大震災の沿岸被災地を自転車で駆ける『ツール・ド・東北2014』が開催されます。今年が2回目となる『ツール・ド・東北2014』、今回はコースを4つに増やし、参加者も昨年の2倍となる3千人に増員したということです。

更新日: 2014年09月12日

13 お気に入り 8454 view
お気に入り追加

■『ツール・ド・東北』9月14日開催!

東日本大震災の沿岸被災地を自転車で駆ける「ツール・ド・東北2014」が14日、石巻市の石巻専修大を発着点に、気仙沼市との間を往復する220キロの最長区間など4コースで開かれる。

宮城県の被災地を自転車で走ることを通して再生への思いを分かち合い、復興を後押しする輪を広げていく。

■順位やタイムを競わない『ツール・ド・東北』

「ツール・ド・東北」は2013年11月3日に初めて開催され、今年が2回目。

昨年は宮城・三陸エリア(石巻市、女川町、南三陸町)を舞台に、総勢1,316名の参加者が東北を駆け抜けた。

2014年大会ではコースを4つに増やし、参加者の募集人員も2013年の2倍となる3000人に増員した。

■コースは4種類

新設の「気仙沼フォンド」(220キロ)、南三陸町を通過して折り返す「南三陸フォンド」(170キロ)、同町の神割崎が折り返し点の「北上フォンド」(100キロ)、最も短い「女川・雄勝フォンド」(60キロ)の各コースがある。

どのコースも沿岸地域を含み、三陸の雄大な自然の中を走りながら被災地域の「今」を見て感じることのできる設計となっている。

約20キロおきにエイドステーションと呼ぶ休憩地点を9カ所設け、土地自慢の料理などを振る舞う。

■ケネディ大使も参加

東日本大震災で被災した宮城県沿岸部を自転車で走るイベント「ツール・ド・東北2014」に、ケネディ駐日米大使が参加することが、11日までに決まった。

ケネディ大使は就任以来、被災地への訪問を重ねており、復興支援の開催趣旨に賛同したという。

当日はケネディ大使のほか、モデルの道端カレンさんやパラリンピアンの佐藤真海さん、スポーツキャスターの古田敦也さんらも自転車で出走予定だという。

■ボランティアが支える『ツール・ド・東北』

■公式サイト

1





やまぐちたくみさん

関心の赴くままに、いろんなジャンルでまとめています。



  • 話題の動画をまとめよう