1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

【グルメ】パワー注入!絶対に食べたい男のカツカレー厳選9軒

エネルギーが必要なこれからの季節。都内で食べられる男のパワーめし、カツカレーの絶品メニューを一挙紹介!

更新日: 2016年09月08日

345 お気に入り 81151 view
お気に入り追加

◆『グリルスイス』銀座/千葉さんのカツレツカレー

オーソドックスなカツカレーです。カレーソースに隠れて見えないライスが、意外と分量が多くて食べ応えがある。でも、ライスとカレーのバランスはこれくらいがちょうどいい。脂の照りが出たカレーソースは、実に深い味わい。長年、店がこだわり続けてきたカツカレーの味を未来永劫食べ続けたい。

【ひとくちメモ】
昭和28年に元巨人の千葉茂選手が考案したというカツカレーは、セットのコーンスープとともに長年にわたる看板メニュー。上ロースの香ばしいカツと辛口ソースがよく合う!

◆『キッチン南海 神保町店』神保町/カツカレー

理屈が通じない強烈な力に引っ張られるように食べます、いつも。黒っぽい褐色のソースが食欲をそそる。平たいカツが細く切られているのもお気に入りポイント。キャベツがついているのもいい。カツを食べ、その後、黒のソースと緑のキャベツを混ぜ合わせて、ご飯を口に。この順を繰り返して食べるのが最高です。

【ひとくちメモ】
特徴的な黒いソースは3日かけて作ったもの。黄色いソースがローストされることによっ
て黒くなっていくという。チーズや生玉子を入れてマイルドに食べるのもオススメだ!

◆『ライスカレー まんてん』神保町/カツカレー

ここの魅力はボリュームだ。それも食べ応えがすごい。なぜか? それは、カレーソースにひき肉が入ってるから。普通、カツカレーというのは、トンカツが重たいから、カレーソースをあっさりさせてバランスを取る。でも、カレーソースにまで肉が入るというのは、この店ならでは。焼き肉店へ行くより満足感あるかもしれません。

【ひとくちメモ】
学生街で30年以上続く店。今では親子2代で来るファンも。コーヒーのサービスはお客さんを呼ぶための店長のアイデア。当初はソースと間違えカレーにかけてしまう人もいたんだとか。

◆『サロン・ド・カッパ』麹町/豚ロースカツカレー

黒いカレーは、美味しそうに見えて食べてがっかりのパターンが多い。でも、この店のものは期待通り。シンプルな欧風カレーなのにコクがあるのは、優れたイタリアンのシェフだからだ。カレーソースを作る時に足し算だけでなく、無駄をそぎ落とし素材を活かす引き算が出来ているのだろう。実に洗練されたカレーだ。

【ひとくちメモ】
炒めたタマネギ、それと赤ワイン、ハチミツを煮込んだ絶品の欧風カレーは、ランチタイムの特別メニュー。イタリア・パルマ産ハムを使ったハムカツカレーも超絶品。女のコを誘うのもアリだぞ!

◆『王ろじ』新宿/とん丼

どんぶりにご飯、その上にカレー、そしてカツが乗る。カツは竹筒を斜めに割ったような形のものが、三方から中央に向けて寄り添うように盛られる。見た目はそんな風に美しいが、味も見事。サッパリ目のカレーソースは、ボリュームのある豚肉と合わせるとバランスよし。丼めしなだけにぜひとも味噌汁と食べたい。

【ひとくちメモ】
朝から3時間以上かけて仕込むトンカツは、ロースを叩いて何層にもしたミルフィーユのような構造。口に入れるとふんわり味が広がる。カレーソースは昔ながらの和風味だ。

◆『インド定食ターリー屋 西新宿本店』新宿/キーマカツカレー

ターリー屋は日本のカレー文化とインドの食文化の融合に挑戦するインド料理店。特にここのチキンカツカレーは、まさにそれ。宗教上の理由などから豚肉をほとんど食べないインド人が作るカツカレーは、鶏肉。チキンカツとインド式のカレーソースは、新潮流にも関わらず、いつ食べてもパーフェクトな美味しさです。

【ひとくちメモ】
競艇場の近くにあった姉妹店でゲンをかつぐお客さんの要望でカツカレー出したところ大人気に。何種類ものスパイスで味付けしたタンドリーチキンはそのまま食べてもおいしい。

◆『カレー店 般°若(ハンニャ)』下北沢/特別なカツカレー

細切りのカツの上に、スパイシーなさらさらカレーがかかるという上品なカツカレー。特に日本人のカレー好きが愛するカルダモンの香りが効いているので、爽やかな後味がある。その分、ソースにはきっちり脂の旨みが出ていて、おいしい。口にかきこむ感覚で食べられて、このくらい軽い感じもいいね。

【ひとくちメモ】
京都で仕入れた熟成豚ロース肉をカラッと揚げたカツと、小麦粉を使用せずあっさり仕上げたカレーによるカツカレーは一日5食の限定メニュー。食後の胃もたれがないのも人気。

◆『らー麺しんや』高円寺/バラカツ伽辣麺

麺を大盛りにするか、ライスをつけるかを選べるが、ライス付きのセットBがオススメ。麺を食べ終わった後のスープをライスと食べられるから。カレースープは濃厚でまろやかで辛口スパイシー。とろみが適度にあり、麺にからむ。トッピングのチーズ(100円)を頼めば食べ応え満点!

【ひとくちメモ】
ラーメンとカツカレーという「男の2大めし」を合体させる発想が最高。バラカツは単品でのオーダーも可。お客さんの中には「2枚食い」なんてツワモノも。深夜まで営業しているのも嬉しい。

◆『リッチなカレーの店 アサノ』町田/カツカレー

カツカレーの世界遺産。からっと揚がった衣においしい豚肉。カレーソースはさらさらでスパイシー。少し塩けが強めなのもカツによく合う。一般的にはカツカレーのカレーソースはどろっとして衣にしみていかないのが人気だけれども、僕は断然さらさら派。
歴史のある店だけど、この味を昔から出していることがすごい。

【ひとくちメモ】
商店街の路地を曲がった奥にあり、席数も少ないが、その味を求めて全国各地からファンがやってくる人気店。カツはうまみがあふれる地元のブランド豚「高座豚」を使っている。

1





主に旅行・観光、グルメ、デートスポットなど、自分が本当に役に立つ情報をまとめていきます。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう