1. まとめトップ
  2. デザイン・アート

えっ!思わず惹かれる世界の秀逸なバスルームデザイン!

海外のちょと憧れちゃうバスルームのデザインについて。

更新日: 2014年09月15日

JPNMILANOさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
3233 お気に入り 548380 view
お気に入り追加

ハンモック型のバスタブ

Vesselは壁に取り付けられ、宙に浮いて見えるのが特徴。もともとバスルームとして防水加工が施されている部屋でも、そうではない部屋でも、排水管と水道管さえあれば設置可能だ。

Vessel自体はカーボンファイバーで作られていて、曲線でも十分な強度を可能にした。デフォルトは長さ2.7mで、長身の男性でもラクラク楽しめる。けれど、ご要望があれば大きさはカスタマイズできるそう。

アンモナイト型洗面台

「HighTech」で紹介していた、この洗面台はアンモナイト型。らせん形に沿って、渦を巻くように、水が流れていきます。設置するのに120×159×56cmのスペースが必要。

苔のカーペット

Nguyen La Chanhが作った「モス・カーペット」は、その名の通り本物の苔が素材です。風呂あがりの水滴を柔らか苔がしっかり吸収します。

湿った環境を好む苔は、浴室にはぴったりですし、人間と苔にとって嬉しいカーペットです。

水槽モチーフのバスタブ

建築ファームStern McCafferty作のなんとも美しいお風呂。水槽をイメージした魅せるバスタブです。厚い大きな一枚ガラスをタイルの壁でしっかりとはさんで作られたバスタブ。

幾何学柄のシンク

アンソロポロジーのエリザベス号のシャワーカーテン

Anthropologieは、1992年に米国ペンシルベニア州で設立されたブランド。特徴としては、まったく広告を出さない点、そして、ブランドのイメージを保つためにモールをさけた通りに面した場所にショップを展開。

水槽付きシンク

シンク部分全体が水槽になっている面白いデザインの水槽です。水循環装置が備え付けられており、酸素も送られるので魚を問題なく飼うことができます。お値段は4500ドル。

自転車型シンク

乗らなくなった自転車のサドル部分に天板とシンクを乗せて作った洗面台。カゴはタオル入れとして使用しています。

1 2





JPNMILANOさん

デザインとグルメ、猫のまとめを中心にやっていきます。



  • 話題の動画をまとめよう