1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

放置してない?浴室の「泡立てネット」のお手入れ方法

たっぷりの泡でする洗顔って気持ち良いですよね。自分で泡立てが出来る人にとっては、泡立てネットは必要ないかもしれませんが、それが苦手という人にとっては、欠かせないものです。が、使用後、きちんと洗って、乾かしていますか?とにかく清潔が1番です。お手入れ方法と管理の仕方をまとめてみました。

更新日: 2016年05月25日

lulu0803さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
304 お気に入り 186496 view
お気に入り追加

▼便利で簡単な「泡立てネット」

たっぷりの泡でする洗顔って気持ち良いですよね。
自分で泡立てが出来る人にとっては、泡立てネットは必要ないかもしれませんが、それが苦手という人にとっては、欠かせないものです。

泡立てネットはきれいで細かい泡が作れるので、美肌洗顔のためには欠かせないアイテム

泡を作るのって意外と難しくて面倒ですが、しっかり泡立ててからでないとメイクや汚れを落としきれず、乾燥したり、肌トラブルを起こしやすくなります。

途中で何度か数滴の水を加えながら、空気を含ませるようにもむ

初めの泡はキメが粗い為、泡立ったかなと思うところからもう一歩揉んで泡立てると、より一層キメの細かい泡ができます。

目安は手の平を下にしても落ちないくらいまで泡立てること。包み込むようにやさしく洗うと、負担なく汚れを落とすことができます。

▼でも、そのまま浴室に置きっぱなし、つるしっぱなしにしてない?

朝は忙しくて、夜は眠くて、泡立てネットをそのまま洗面台や浴室に置きっぱなしにしていませんか?

▼湿気が多い浴室だけに、雑菌が繁殖してるかも・・・。

温かく、湿度も高いバスルームは、雑菌が繁殖する要素がたくさんあります。
中には、泡立てネットがカビてしまったと言う人も・・・。

浴室は、温度も高く湿度も高い、さらに通気性も悪く、
まさに雑菌にとってはもってこいの場所

▼それを使い続けていれば、肌トラブルを起こす可能性も!

なかなか治らない顔のニキビなどの肌トラブルは、泡立てネットが原因なのかも・・・?

雑菌が繁殖したネットで顔を洗うと、ニキビを悪化させたり、肌トラブルの原因になったりします。

泡立てネットは、しっかりとしたお手入れ・管理が大切!

・まずは「置く」より「つるす」こと。

吸盤つきフックに掛けるのが便利です。
置くよりもつるす事を心掛けましょう。
何もない場合は、ボトルの上に乗せておくだけでも違います。

つるしておくことで風通しがよく、水分を減らすことができます。

・使用後は、きちんと洗って、水気をしっかり切る!

ネットもきれいなお湯または水で洗い流すようにすることが大切

1 2





lulu0803さん



  • 話題の動画をまとめよう