1. まとめトップ

全然改善しないニキビ、もしかしたらそれは【腸】のせいカモ

いろいろ試しているのになかなか治らないニキビ。もしかしてそれは腸のせいかもしれません。

更新日: 2015年08月26日

pioneeさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
80 お気に入り 64804 view
お気に入り追加

◆腸と肌の密接な関係

意外に思う方もいると思いますが、腸内環境とニキビには密接な関係があります。

大腸は、人間が体内に取り込んだ食物を最終処理する場所です。この場所が上手く働かないと様々なトラブルが発生します。血液は全身の器官を巡ってすべての細胞に到達します。

大腸が汚れていると、血液を濁らせ、汚れた血液を全身の器官に送り込んでしまうのです。毒素を含んだ血液はやがて顔や首などの肌に到達し、毛穴の皮脂詰まりと結びつき、ニキビになってしまうのです。

大腸の掃除を行い、老廃物を排除すれば、きれいな血液が生まれニキビは劇的に改善します。体の中で一番汚れている器官は「大腸」ですが、そこはみな触れようとしないのです。本来一番管理が必要な場所なのに。大腸が汚れている人は全身にニキビ(吹き出物)が出来やすくなります。

確かに腸内環境が悪い時の方が、肌荒れしやすいかも……

◆腸内環境を整えるには何をすればいいの?

①腸を休めよう!

プチ断食をし、腸内環境をリセットしましょう。 最近、テレビやネットなどで注目されているダイエット方法ですよね。 でも、このプチ断食は週末などの2日間のみヨーグルトと水分だけで過ごします。 プチ断食で使うヨーグルトは、プロバイオティクスという種類のものを選ぶのがお勧めです。 断食って確かにデトックス効果がありそうですが、長期間だと痩せることはできても体内の栄養バランスが崩れてしまい、貧血などをおこすこともありますよね。 プチ断食をすることによって、味覚も敏感になり、食事が美味しく頂けるようになります。週末などにプチ断食をしてみませんか。 そして、2日間のプチ断食が終わった翌日の朝ごはんは胃がびっくりしないようにおかゆにします。 また、プチ断食をする2日間はお酒、たばこを控えて水分をできれば1日2リットル程は取るようにするのがよいですね。 通常のプチ断食では、フルーツや蜂蜜などと一緒にヨーグルトを食べたりしますが、プチ断食では腸の働きをリセットするため、プレーンで食べましょう。 プチ断食をするのに気をつけなければいけないことは、前日の夜はたくさん食べ過ぎないということですね。

②食生活を変えよう!

最近はスーパーで加工食品や添加物食品が増え、繊維類を多く含む食品が激減しました。油モノ、加工食品、添加物は腸の負担を与えます。
消化しづらく腸内環境は良好になりません。コーヒー、コーラ、ドーナツ、ハンバーガー、インスタントラーメンなどの即席な食品を続けていれば、体は疲れやすくなり、肌にもよくありません。

また、食生活の変化にも注目しなければいけません。最近の日本の食生活はだんだん欧米化し、牛や豚などの肉類中心の食生活へと移行し、食物繊維を摂取しなくなりました。食物繊維は大腸の掃除機です。
その胃腸の掃除をしてくれるものを摂取しなくなったのですから、体内に老廃物が蓄積されるのは当然です。肉類は体内滞在時間が野菜よりも長いため、その間に腐敗し、毒素を発生しやすくなります。

大腸の掃除のために、野菜と果実を沢山とりましょう。野菜や果実には食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維は大腸内のぜん促運動を高めるので、スムーズな排泄の手助けをします。良質な食物繊維を簡単に摂取したい方は青汁がおすすめです。

個人的には納豆がオススメ!

③整腸剤で腸を整える!

腸内の悪玉菌が増えると、ニキビができやすく悪化しやすい肌になってしまいます。ホルモンバランスを崩すと、お腹の調子も崩れ、便秘や下痢になったりします。整腸剤などを使って、便秘を慢性化させないようにしましょう。

整腸剤を飲むついでに、⦅ビオチン療法⦆を行うのも良いかもしれません。

④カラダを絶対に冷やさない!

女性の場合、冷えからくる胃腸トラブルも少なくありません。あご先や口の周り、この辺りにできるニキビの中には「冷え性」が要因となっていることがあります。冷え性の原因には血行不良からくるもの、ホルモンや自律神経のアンバランスなどがあり、その原因を特定するのは難しいと言われています。


現代のオフィスでは夏場でもクーラーが強くかかり、手足が冷えやすくお肌や体の不調を感じている方もいらっしゃるようです。体の冷えを感じたら冷たい飲み物や食べ物を控え、体を温める食べ物を積極的に摂り、ホカロンや腹巻、マフラーなどでお腹や足、首を温めるといったケアが有効です。

⑤腸をマッサージしてさらに良くしよう!

いきなり食生活を変えたり、運動しても、すぐに腸が元気になるわけではありません。さらに便秘の人も、便秘薬や便秘茶なんかを飲んでいても、腸自体を元気にしてあげないと、根本的な部分が解決できていません。長い間腸をほったらかしにしていた人は、長い目をみて腸を元気にしてあげましょう。また、運動や食事だけじゃなく、腸のマッサージを取り入れることで、腸の位置を正常に戻し、刺激することで、便通もよくしてあげると効果的です。

あお向けになり、膝を立てるようにします。そして両手を重ね、人差し指と中指、薬指で腸の流れにそってゆっくりゆっくり時計回りに力を入れすぎないように押していきます。「の」の字をイメージしてもらえればいいでしょう。固いところや痛いところは弱っている証拠。無理にほぐそうとはせず、優しく押してあげましょうね。
ただし便秘が気になる方は、お腹の左下にある「S字状結腸」に刺激を与えてあげられるよう、ここは強く押しても大丈夫。マッサージ以外でもお腹が張って痛いとき、お手洗いでもこの「S字状結腸」押すのも効果的。

◆整腸剤を使うのでこちらも一緒に行いたい

1





pioneeさん

港北ニュータウン

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう