1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

過去最高を更新?!「8人に1人」が75歳以上の高齢者に

総務省が14日、敬老の日に合わせてまとめた15日時点の推計人口によると、65歳以上の高齢者人口は3296万人で過去最多となりました。75歳以上が前年比31万人増となり、初めて8人に1人が75歳以上となりました。

更新日: 2014年09月15日

kyama77さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
12 お気に入り 3716 view
お気に入り追加

●総務省推計で、75歳以上の高齢者が「8人に1人」となった

総務省が14日、敬老の日に合わせてまとめた15日時点の推計人口によると、65歳以上の高齢者人口は3296万人で過去最多だった。

、総人口に占める割合は同0・9ポイント増の25・9%となり、いずれも過去最高を更新した。

推計は22年の国勢調査を基に、その後の出生や死亡数を今月15日時点で反映させた。

・団塊の世代が111万人増え、49年生まれの人が年内には全て65歳以上となる

今回は、戦後の第1次ベビーブームに生まれた、いわゆる団塊の世代のうち、1949年生まれの人たちが65歳に達したことで、去年に比べて111万人増えたとみられます。

1947~49年生まれの「団塊の世代」のうち、49年生まれが新たに65歳に達し、年内には同世代の全てが65歳以上となる。

65歳以上の男性は1421万人で男性人口の23.0%、女性は1875万人で女性人口の28.7%を占めた。

・前年比31万人増、8人に1人が75歳以上となった

総人口に占める割合が12.5%と、初めて8人に1人が75歳以上となりました。

・高齢者のいる世帯は、初めて2千万世帯を超えている

5年ごとに行われる住宅・土地統計調査(2013年)によると、高齢者のいる世帯は2086万で、初めて2千万世帯を超えた。

・2035年には65歳以上が3人に1人、75歳以上が5人に1人の割合となる

国立社会保障・人口問題研究所は、今後も高齢者は増加し2035年には65歳以上が3人に1人、75歳以上が5人に1人の割合となると予測。

・高齢者の就業者数も10年連続で増加、65歳以上の就業率は20.1と主要国で最も高い水準

一方、去年の高齢者の就業者数は636万人と、10年連続で増加して過去最多となり、15歳以上の就業者総数に占める割合も10.1%と過去最高を更新しました。

・昨年から65歳上は、高齢者と呼べないのではないか?との声もあり、高齢者の定義について検証を始めている

日本老年医学会と日本老年学会が高齢者の定義について検証を始めた。一般的には65歳以上とされるが、身体能力からは75歳以上とする考え方もあり、再検討

1 2





お気に入り登録してくださった方ありがとうございます。
気になることやみなさまのお役に立てるようなまとめを作っていきたいと思います。



  • 話題の動画をまとめよう